伊勢谷武「アマテラスの暗号」の小説を無料で読む方法

「アマテラスの暗号」は、禁忌の秘史に迫る「ダ・ヴィンチ・コード」を凌ぐ歴史ミステリー。

神道とはなにか?

天皇家の正統性とは?

日本人はどこからきたのか?

われわれにとってタブーでありつづけた、古代史究極の謎に迫ります。

この記事では、「アマテラスの暗号」の電子書籍を無料で読む方法を紹介しています。

この記事は、2022年8月10日現在の情報を基にしています。

kindle unlimitedで「アマテラスの暗号」を無料で読む!

「アマテラスの暗号」無料で読むために、kindle unlimited の無料トライアルを利用します。

kindle unlimitedは、Amazon会員なら誰でも加入できる月額制(980円)の電子書籍配信サービス。

kindle unlimitedには、30日間の無料トライアル期間があります。

このサービスを利用して、「虹アマテラスの暗号」を無料で読むことができます。

これを利用しないのは、非常にもったいないので、サービス詳細を確認した上で利用することをおすすめします。

↓↓↓ kindle unlimitedの登録はこちらから ↓↓↓

kindle unlimitedの無料トライアルを試す

伊勢谷武「アマテラスの暗号」作品情報

神道とはなにか?

天皇家の正統性とは?

日本人はどこからきたのか?

われわれにとってタブーでありつづけた、古代史究極の謎。

その鍵は最高神“アマテラス”、そして宮中最大の秘祭 “大嘗祭”に封印されていた……

「ダ・ヴィンチ・コード」を凌ぐ歴史ミステリーが、禁忌の秘史に迫る!

この小説における神名、神社、祭祀、宝物、文献、伝承、遺物、遺跡に関する記述は、 すべて事実にもとづいています。

ストーリー

元ゴールドマン・サックス(NY)のデリバティブ・トレーダー、ケンシ(賢司)は、日本人父との四十数年ぶりの再会の日、父がホテルで殺害されたとの連絡を受ける。

父は日本で最も長い歴史を誇る神社のひとつ、丹後・籠神社の宗家出身、第八十二代目宮司であった。

籠神社は伊勢神宮の内宮と外宮の両主祭神(アマテラスと豊受)がもともと鎮座していた日本唯一の神社で、境内からは一九七五年、日本最長の家系図『海部氏系図』が発見され、驚きとともに国宝に指定されていた。

父の死の謎を探るため、賢司は元ゴールドマンの天才チームの友人たちと日本へ乗り込むが……

著者から

最初にこの話を聞いたときは、単なる笑い話だと思っていました。

しかし、次第に「偶然だったとしても面白いね」になり、気がつくと「もしかしたら……」に変化していました。

そして興味を持ちいろいろ調べると、戸惑いはいつの間にか「合理的に否定するのはむずかしい」になり、遂に、とうとう……。

もし日本のルーツに興味をお持ちなら、あなたもこの不思議な迷宮を旅してみませんか?

アマテラスの暗号

この記事を読んだ方におすすめの記事

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です