【採用担当者直伝】広告代理店への転職は難しい?自己PRに有利な3つのスキル

広告代理店は以前ほどではないにしても、まだまだ人気の業種。

特に大手広告代理店で働きたいと考える人は多いと思います。

実はわたし広告代理店で採用を担当した経験があるんです。

この記事は、大手広告代理店に転職したいと考えている方に役に立つ内容になっています。

広告業界とは?

一口に広告と言っても色々あります。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌といった媒体(メディア)を通じて、商品やサービス・アイデアを多くの人に伝えるためのものです。

近年は、インターネットの普及に伴い、上記4媒体に加えてWeb媒体が圧倒的に成長してますよね

そして広告業界といっても、これまたいくつかの業態に分かれます。

大きくは下記の4つでしょうか。

  • 広告代理店
  • 広告制作会社
  • 媒体社
  • アドネットワーク事業者

他にもあると思いますが、おおまかに分けました。

花形は大手広告代理店

やはり花形は広告代理店です。

特に大手の電通、博報堂、ADKなどは人気ですよね。

デジタル系のサイバーエージェントやDACも人気です。

他では、外資系のマッキャン、オグルビー、トンプソンなど。

最近では、コンサルティング会社のアクセンチュアなんかも広告代理店の競合になるケースもあります。

なぜ大手広告代理店を目指すのか?

広告業界で働く人は、最終的に大手広告代理店を目指す傾向にあると思います。

理由はいくつかあると思います。

  • 制作会社に比べると給料ベースが高い
  • クリエイティブ業種の方は、自分のアイデア・企画を具現化しやすい
  • スケールの大きな仕事に携われる
  • 多種多様な業界、業種の人と関わることができる
  • 最先端のトレンドに常に接することができる
  • ステータスが高いイメージがある

といったところでしょうか。

大手広告代理店に転職するには?

それでは、大手広告代理店に転職するために必要なことはなんでしょうか?

広告代理店に転職してくる人

大手広告代理店に転職する人って、どういうバックボーンの方が多いと思いますか?

圧倒的に広告制作会社の人なんですよね。

いろいろ理由はあると思います。

キャリアアップのためとか、もっと色々な経験を積みたいとか。

でも一番多い理由は、言い方は悪いですが、日常的に広告代理店にこき使われているからではないでしょうか。

あっち側に行きたい!的な。

それで良いと思うんです。

そういうモチベーションが大事。

この記事はそういう人に向けていると言っても良いかも知れません。

広告代理店が求める人材

広告代理店が求める人材ってどんな人だと思いますか?

当たり前のことなんですが、やはり自分で考えて行動できる人なんですよ。

中途採用するということは、基本的に即戦力を想定しているわけです。

言われたことしかやらない、言われないと動けないような人は全く使えません。

多少知識や経験が不足していても良いんです。

自分で考えて行動できる人はあっという間に適応するケースが多いです

大手広告代理店に転職できるのか?

「自分で考えて行動できる」

これは間違いなく重要なポイントです。

では、自分がそうでないと思う人は転職できないのか?

そうとも言い切れません。

なぜなら、転職を考えてる時点で、考えて行動してるわけなので

ただ、自分でそう思い込んでいるだけかもしれません。

つまり自信が無いということですよね。

そういう人に必要なのは戦うための武器です。

武器があれば、それは自信につながり、行動につながります。

武器とはつまりスキルです。

とにかく時間を無駄にせずスキル(武器)を身につけましょう

広告代理店が求めるスキル

それでは、大手広告代理店の採用担当を経験した筆者が考える大手広告代理店が求めるスキルを解説します。

英語

まずは、とにかく語学力ですね。

特に世界共通の言語「英語」です。

英語ができるだけで、ポイントが高いです。

英語ができるというのは、普通に外人とビジネスの話ができるレベル。

広告制作会社って、(クリエイティブ出身は特に)英語ができる人少ないんです。

大手広告代理店は、当然外資系クライアントも多く抱えているので、常に英語が達者な人材を求めています。

英語ができるだけで、多少頼りなくても採用に至るケースが多いです

まず語学力(英語)が最大の武器と言えるでしょう。

英語はとにかく話さないと習得できません。

最近はリーズナブルな教材やオンラインのスクールも増えていますので、一度試してみると良いと思います。

<おすすめの英語教材・講座>

ネイティブイングリッシュ

29,800円(税込)

楽天レビューで平均4.1の高評価

スマホでも学習可能

90日間無料お試しあり

NHKラジオ「基礎講座3」講師監修

【This is 英会話】

29,800円(税込)

スマホでも学習可能

アメリカ人が150人登場する超実践的教材

サンプルあり

京都大学鎌田浩毅教授絶賛

シンプルイングリッシュ

16,800円(税込)

中学英語だけで可能な英語のコミュニケーション

1日20分の学習でOK

無料メールサポートあり

リッスントーク

28,800円(税込)

オンラインレッスンあり(月4回無料)

電話、メールサポートあり(無料)

30日間返品保証あり

FeliTalk

5,800円〜/月

講師は全てネイティブ(東欧が多い)の女性

プランはベーシック、スタンダード、プレミアムの3コース

無料レッスン体験あり

 

デジタルスキル

次に必要なのは、デジタルスキルです。

昨今旧4媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)に代わってWebメディアが圧倒的な成長を見せています。

広告代理店もWebを絡めた企画提案は必須です。

また、コロナ禍でリアルイベントの開催が難しい中、オンラインイベントの需要が高まっています。

営業、プランナー、クリエイティブ、どの職種においてもデジタルスキルは必要です。

職種によって多少異なりますが、ここで言うデジタルスキルとは、「Google Drive」「Microsoft Office」「Photoshop」「Final Cut Pro」が使えるといったことではありません。

営業やプランナーは、「Google Drive」「Microsoft Office」、クリエイティブは」「Photoshop」「Final Cut Pro」が使えるのは当たり前のことですから。

必要なのは、デジタル関連の知見や、トレンドを見る力、個別の要素技術に関して利用余地やコストなどについて言及する能力です

そのためには、ワードプレスようなCMS、Twitter/Instagram/YoutubeといったSNS、Zoom/Teamsなどのオンライン会議システムなどに明るい必要があります。

HTMLなど基本的なコード(プログラミング)が書けるとなお良いかも知れません。

つまり、こういったデジタル技術にクライアントの商品やサービスを掛け合わせて、どのような効果を得ることができるか考え、予測する力ですね。

こういったスキルを持つ人材は、まず食いっぱぐれることはありません。

マーケットでも奪い合いになっている状況です。

個人的な見解ですが、英語が話せてデジタルに強い人材は、大手広告代理店でもかなり優遇されると考えて間違いないと思います

こういった知識を得るにはは、やはり専門的な学習が必要です。

非常に有益な自己投資だと思いますので、スクールに通うことをおすすめします。

<おすすめのデジタル関連スクール>

Hint(ヒント)

WEBのあらゆる知識をオンラインで10分から

初級者から上級者まで多種多様なレッスン

目的別に手軽な費用で受講可能

AkrosAcademy

完全マンツーマン指導

オンライン・リモート学習対応

無料カウンセリングあり

【CCNAコース ウズウズカレッジ】

「完全eラーニング型」「1on1サポート」

無料カウンセリングあり

WEBマーケター育成講座

WebマーケティングスクールNo.1

無料相談あり

全額返金保証あり

就職サポートあり

調整能力

最後にもうひとつ。

調整能力です。

前述の2つのスキルに合わせて、調整力もあれば鬼に金棒です。

これは正直なところ、入社後に必要なスキルですが、日ごろから意識して仕事をしていないと身につかないスキルなので書いておきます。

例えば、大きなキャンペーンやイベントにおいて、チームをリードしたことがあるといった経験は強みです。

広告代理店の受託する業務は多岐にわたるため、社内外の調整が非常に重要です。

プロジェクトチームをリードする人の能力次第で、そのキャンペーンが成功するかどうか決まると言っても過言ではないでしょう。

まだ、社会経験が浅い方は、そういう経験をするのは難しいかも知れませんが、小規模でも自分が仕切ったとか、大きいプロジェクトのアシスタントを担ったということもアピールポイントだと思います。

お手本になるリーダーを見つけることができたら、その人のスキルを必死で盗みましょう。

まとめ

  • 広告業界で働く人の最終目標は大手広告代理店
  • 大手広告会社は制作会社に比べて給与ベースが高い
  • 大手広告代理店に転職するためのスキルは英語とデジタルスキル

実際、筆者が採用担当だった時、面接時に必ず質問していたのが、英語が話せるかとデジタル案件の経験でした。

大手広告代理店、外資系広告代理店への転職を考えている方の参考になると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です