呪術廻戦|最新話の感想と考察!浴の意味は?伏線回収や謎についても

この記事では、漫画「呪術廻戦」最新話の感想と考察をしています。

毎週月曜日(休載週を除く)に更新します。

個人的見解ですので、その点ご了承ください。

呪術廻戦ファンの方必見

映画『劇場版呪術廻戦0』
Amazon Primeで12/24独占配信!
無料トライアル実施中!

Amazon Prime Videoに登録する


【呪術廻戦】第211話の感想と考察!

1月30日発売週刊少年ジャンプ2023年9号掲載第211話。

タイトル「熟む」

ざっくりいうと

慣らしは進み列島は彼岸へと渡る。

16日正午、天元様が羂索に獲られたことが、真希から高専メンバーに伝わった。

なぜ同化が始まらないのか戸惑う面々だが、津美紀を優先することに。

どんなルールを追加するか決まっていたのに、先輩たちはなぜ総則をすぐ追加しなかったのか?

①点の譲渡は既に虎杖(日車)が追加済み。

問題なのは、②結界の出入りと③結界内外での通信。

ただ、死滅回游の総則では、初めから泳者と電波の出入りは禁止していない。

つまり、転送と同じく、死滅回游の総則ではなく、結界の条件。

それが先輩たちがルール変更を保留にしていた理由かもしれない。

まずは、④泳者の死滅回游からの離脱を進めることに。

既に乙骨憂太達から点が渡り伏黒恵の持ち点は359点になっていた。

そして、コガネに総則追加(泳者の死滅回游からの離脱)をリクエストしたが総則7に抵触すると却下。

「泳者は身代わりとして新規泳者を結果外から招くことで死滅回游から離脱できる」に内容を変更したが、またしても却下。

すると死滅回游から「泳者は身代わりとして新規泳者を結果外から招き、100点を消費することで離脱できる」なら承認可能と提案があった。

ただ、その内容だと100点のために泳者が最低でも20人死ぬ上、よほど総則7(死滅回游の永続)に抵触すると反論する伏黒恵だったが、コガネは受け付けない。

しかたなく、その提案を受け入れ、総則11が追加された。

16日15:00、真希の手引で津美紀伏黒虎杖と合流。

伏黒は、100点を津美紀に譲渡した。

総則(泳者の死滅回游からの離脱)の追加させ、伊地知と身代わりに死滅回游から離脱させるためである。

しかし、津美紀の口から予想だにしない言葉が。

「ルール追加。結界を自由に出入りできるようにしてちょうだい」

突然のルール追加。

津美紀の正体は誰なのか?

感想と考察

情報過多!

理解するだけでめっちゃ時間かかる。

まあ、しかし今回は津美紀でしょう。

一体誰なの?

予想が出来なすぎるので、先に細かいところから。

高羽の「川本真琴の話してるー!?」

これは、真希「禁止なんかしてないんだよ」のセリフを受けてるんですね。

川本真琴1/2という曲に「神様は禁止なんかしてない」という歌詞があるんですよ。

この曲は、るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- のオープニングです。

次にファミレスの店員の再登場。

家族の中で一人、嫌な感じを察知していました。

これは、偽夏油登場時にも見えない呪霊(漏瑚)の気配をいち早く察知して、バイトをっばっくれました。

あと伊地知さん久しぶりの登場&五条マジビンタ

しかも津美紀の身代わりは伊地知さんという。

そして、津美紀の正体ですよ。

コガネの表示に津美紀とあるので、本人であることは間違い無いと思われます。

つまりどのタイミングで乗っ取られていたのか?

そういうことでしょ?

思えば、死滅回游が始まる時から既に乗っ取られていた感ありましたからね。

受肉してることは間違いなさそうです。

でも、八十八橋で受肉された呪霊じゃないでしょ。

やはり羂索側のサムシングということだと思うけど、まだ見ぬ新キャラでしょうか?

————————————

単行本は21巻まで発売中!

劇場版「呪術廻戦0」の公開に併せて発売されたノベライズ本

五条悟が夏油傑にかけた最後の言葉のヒントが隠されています!

劇場版 呪術廻戦 0 ノベライズ (ジャンプジェイブックスDIGITAL)

呪術廻戦公式ファンブックには、各キャラクターのプロフィールや術式、用語などの詳細が収録されています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

呪術廻戦 公式ファンブック (ジャンプコミックスDIGITAL)

劇場版「呪術廻戦」では、0巻に収録された百鬼夜行が映画化。

百鬼夜行に興味のある方は、0巻をぜひ読んでみてください。

呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックスDIGITAL)

そして、公式ファンブック、小説は電子書籍なら無料で読むことができます!

興味のある方はこちらをClick!

無料で小説「呪術廻戦」を読む

『呪術廻戦」はディズニープラスでも観れる!
Disney/MARVEL/Beatles「Get Back」など
月額990円で見放題!
↓↓↓ ディズニープラスの登録はこちら↓↓↓

Disney+ (ディズニープラス)

【呪術廻戦】第210話の感想と考察!

1月23日発売週刊少年ジャンプ2023年8号掲載第210話。

タイトル「未知への供物②」

ざっくりいうと

捕らえたアメリカ兵から聞き出した情報によると、呪力を将来的に自国民が個人で自給自足するための代替エネルギーとする研究。

羂索の目的は、新エネルギーを餌に軍隊を結界に招き、呪霊の生贄にすること。

大勢の死に際の呪力の発露を利用して、各結界を呪力で満たし、人間と天元との同化の慣らしを終えることだった。

軍人を助けるという虎杖に対して、意味のない行動にを巻き込むなという天使

オマエらを信用していないと好戦的な虎杖の態度に不快感を滲ませた。

その頃、結界に招き入れられた軍人は呪霊に弄ばれながら次々命を落としていた。

お迎えがきたと覚悟を決めた一人の軍人に手を差し伸べたのは来栖華

は、仄暗い廃屋で呪霊に与えられる粗末な食事を糧に幼少期を過ごしていた。

そこで1年近く過ごしていたは、ある日ふわふわの白いしっぽの犬(玉犬・白)に導かれ、その場から逃げ出した。

を救ったのは、五条悟の任務に同行していた幼少期の伏黒恵だったのだ。

に助けられたは、いつか巡り合うことを信じて、の隣にふさわしい人間になるため人を助けるのだった。

一方、に対する態度をらしくないとから諭された虎杖

釘崎の代わりみたいになることを恐れていたのだ。

しかし、謝罪を決めた虎杖は、伏黒恵来栖華高羽との結束を深めた。

感想と考察

なかなか情報量の多い回でしたね。

  • 死滅回游自体の無意味性
  • 来栖華伏黒恵の胸アツエピソード
  • 高専時代の五条悟の登場
  • 久しぶりの釘崎野薔薇
  • 最期に巻末の下々先生衝撃コメント!

内容的に一番「えー!」ってなったのは、死滅回游が羂索の目的遂行のためのダミーだったことですかね。

全く意味のないデスゲームでこれだけ盛り上げたのは逆に凄いかもしれませんけど。

あとは釘崎の安否

今回の回想カットは、どういう意味ですかね?

ずっと、生きていると信じてきましたけど。

どちらにも取れますよね。

今回来栖華のエピソードを入れて、との関係性を明確にしました。

そして、4人の結束が生まれたとあることから、新ユニット結成。

つまり釘崎野薔薇を復活させる必要性が薄れてきた感

一方、虎杖は隣の席は野薔薇のものだと言っています。

生きていてほしいけどね。

【呪術廻戦】第209話の感想と考察!

1月7日発売週刊少年ジャンプ2023年6・7合併号掲載第209話。

タイトル「未知への供物」

ざっくりいうと

羂索九十九達の戦い(11月16日)から遡ること2日の2018年11月14日深夜。

呪術師を狩るため米軍が結界へ進軍。

米軍は、麗美のような非力な術師を次々と狩っていくが、羽場レベルの術師には苦戦。

当然のことながら、黄櫨折(はぜのきいおり)クラスには逆に圧倒されていた。

死滅回游の泳者に武装した非術師を当てることで結界の呪力を活性化させ、天元との同化前の慣らしを終える目論見だろうという裏梅の指摘に羂索は「それでは60点だ」と答えた。

羂索の狙いは、術師に軍を当てるのではなく、呪霊による非術師の一方的な大虐殺であり、死滅回游泳者の呪力によって結界が満ち切らなかった時の保険。

そのため、軍を夜に行軍させ全ての結界に数多の呪霊を解き放っていたのだ。

来栖がそのことに気付いた時、虎杖伏黒来栖高羽の元にも軍が迫っていた。

感想と考察

まず驚いたのが、羂索裏梅が現れた場所。

これって、禅院家ですよね?

蝿がたかっている死体は禅院扇と思われます。

加茂家を乗っ取った羂索がなぜ禅院家にいるのか?

そして、なぜその場所を宿儺のために提供したのか?

そして、そして、”浴”とはなんなのか?

そのまま字の意味で言えば、”浴”は体を洗うことですよね。

宿儺が満足する内容であることから、おそらく宿儺のための何らかの儀式でしょう。

例えば、宿儺が現世に再生するための儀式ですかね。

羂索が何をしようとしているのかまだわかりませんが、ここまでの経緯からは、

  • 目的に一番邪魔な五条悟を封印
  • 呪霊操術で天元を取り込む
  • 結界を呪力で満ちさせる
  • 天元(羂索自身)と同化させる
  • 1億人呪霊の実現

その1億人呪霊のラストピースが宿儺

そして、羂索は全世界を呪力で制圧して、全てを手中に収める

そんな感じですかね。

また次回楽しみです。

【呪術廻戦】第208話の感想と考察!

12月26日発売週刊少年ジャンプ2023年4・5合併号掲載第208話。

タイトル「星と油④」

ざっくりいうと

極小うずまきが九十九を直撃!

回復する暇を与えずとどめを刺そうとする羂索

脹相は自分の命をかけて超新星を発動しようとしたが、「呪いとしてではなく、人として生きろ」という九十九の言葉と同時に天元の手で領域から出された。

瀕死の九十九は、羂索の足を掴み、重力を高めたブラックホールに引き込もうとした。

しかし、羂索虎杖香織に刻まれていた「反重力機構」をアドリブで使い回避。

九十九は自爆し、天元羂索の手に堕ちた。

感想と考察

う〜ん、難しすぎる。

まず脹相を逃したのは、回想シーンからも、とっさの判断ではなく天元九十九の間で決めていたことのような気がする。

自分の犯した罪を心の底から後悔している脹相は、本作品の主人公である虎杖悠仁に必要な存在だということだろう。

つまり、今後の展開に脹相は非常に重要な役割を持つことは間違いなさそう。

そして九十九姉さんのブラックホール。

本来であれば、世界中を巻き込む自爆

とてつもないスケール。

でもその上を行く羂索の懐の深さ。

今までの重力が術式反転で、虎杖香織に刻まれていた術式「反重力機構」を自身の肉体を領域にして底上げした。

なんのことやら?

一応おさらいしておきます。

  • 術式:「負のエネルギー」としての呪力を肉体に刻まれた「生得術式」に流し込むことで発動
  • 反転術式:本来マイナスである呪力をプラスのエネルギーに変換すること
  • 術式反転:「反転術式」によって生まれた正のエネルギーを自らの生得術式に流し込んで発動

天元「術式反転か?」と聞いてましたが、羂索脹相を押さえつけていた重力が術式反転ということですよね。

そして、反重力機構(アンチグラビティシステム)って何?って話。

反重力とは、物質・物体に加わる重力を無効にしたり、調節したりするとされる架空の技術らしいです。

つまり、羂索「反重力機構」を自身の力で底上げして、九十九のブラックホールの質量を無効にしたってことでしょうか?

九十九姉さんはマジで死んでしまったのか?

そう思いたくは無いけど、脹相にかけた言葉と表情からは死んじゃった可能性高そう。

ナナミンの最後を思い出しちゃいました。

ブラックホールの中で生きてるのでは?といった希望的観測の考察もありましたがどうでしょうか。

最後に天元と宿儺の2ショット!について。

206話の「天元は君達に重要な隠し事をしている」に関係あるんじゃない?

羂索の生まれつきの体が天元だったのではないか?

というSNSの考察がありましたが、宿儺天元が何か関係があるのかもしれません。

2人が交わした「さらば友よ」という言葉。

いつかの知己・羂索の手に堕つというコメント。

このことから、天元、宿儺、羂索3人を巡る因縁がありそうです。

今後の展開が全く読めませんね。

来年まで待てない!

【呪術廻戦】第207話の感想と考察!

第207話。

タイトル「星と油③」

ざっくりいうと

九十九の危機に再び現れた脹相。

羂索を殺すことだけが目的の脹相は、まず最初に自分が闘うことで、羂索九十九と1対1であるという意識を植え付けようとしていたのだった。

「星の怒り」の重力に加え、脹相に虚を突かれた羂索だったが、瞬間頭蓋を回転させて「穿血」を受け流す。

九十九脹相がたたみかけるが、自身の回復のための反転術式の運用で「星の怒り」が甘くなった一瞬を抜かれ羂索の術式は回復。

それでも、羂索の呪力と肉体を削った、この機会を逃してはならないと攻撃を続ける九十九

しかし、羂索は極小の「うずまき」で回避し、ついに九十九に致命傷を与えた。

感想と考察

羂索強すぎる!

極小のうずまきってなんやねん!

技のレパートリーが多すぎる。

けど、九十九姉さんはこれで退場なの?

まだ、領域展開も出してないのに、終わらないで欲しい。

でも、完全に腹ふっ飛ばされてるから、反転術式で回復できるとしても時間がかかりそう。

羂索がそんな猶予を与えるとも思えない。

次の展開としえ考えられるのは2つかな。

  • 天元が何かしらの策を講じる
  • 助っ人の登場

もし助っ人が登場するとしたら誰か?

乙骨レベルじゃないと登場しても役に立たないと思うけど。

もしくはフィジカルギフテッドの真希って線もあるか。

秤パイセン鹿紫雲連れて登場したらめちゃくちゃアガるけどね。

しかし、これだけ強い羂索が、まず計画の最初に五条悟を封印したわけだから、五条先生の強さって異次元なんだね。

【呪術廻戦】第206話の感想と考察!

第206話。

タイトル「星と油②」

ざっくりいうと

羂索との闘いの前、天元九十九は策を練っていた。

それは羂索の領域を解体するというもの。

つまり、天元が主である空性結界の内側で領域を展開させることで、羂索の領域を分析する。

そして、ベクタパラメータを中和する設定を空性結界から流し込むというのである。

そのために必要な10秒間、九十九は自身の領域を使うことなく、羂索の領域展開をしのがなければならない。

天元羂索の領域を解体後、術式が焼き切れた羂索九十九が叩く。

はずだった。

しかし、ここで誤算が生じる。

羂索が展開した領域は、結界を閉じずに領域を展開し、術式を発動する離れ業。

解体すべき外郭が無いのである。

天元は、必中効果範囲の縁を外郭と仮定して自身の空性結界ごと消そうと試みたが時既に遅し。

簡易領域をすべて剥がされた九十九羂索の攻撃をもろに受けてしまった。

勝利を確信した羂索の目に入ったのは九十九の式神。

瀕死の九十九は反転術式で回復を図ることなく羂索に攻撃を仕掛ける。

そして、限界を迎えたかに見えた九十九の口から出た言葉は「泥臭い方が好みなんだよ」

伏兵の脹相が再び結界内に現れた。

感想と考察

今回天元×九十九羂索の闘いに目を奪われがちだけど、羂索がめちゃくちゃ気になること言ってましたね。

「天元は君達に重要な隠し事をしている」

「死滅回游のーーー」

これに続く言葉はなんでしょうか?

SNSでは、天元がゲームマスターでは?

という意見もあったけど、目的が見えないので違うと思うのですよ。

そうなると、羂索と同じ時代を生きていたことに関係あるのではないかと思うわけ。

筆者的には、これまたSNSで考察されていた説ですが、羂索の生まれつきの体が天元だったのではないか?

この説はあり得るなぁと思った次第です。

人間と共存するか支配するかという方向性の違いで袂を分かったのではないでしょうか?

次回の展開がめちゃくちゃ気になるところですが、休載ですね。

早く読みたい!

【呪術廻戦】第205話の感想と考察!

第205話。

タイトル「星と油」

ざっくりいうと

九十九由基に健闘を労われ、脹相は結界から退場。

九十九由基の術式情報を総督部から掴めなかった羂索は、術式対象に概念が絡む特級呪霊を出現させた。

怒りを抑えきれない九十九由基は、”凰輪(ガルダ)”一撃で呪霊を祓う。

さらに空性結界の循環定義に綻びが生じるほどの圧倒的質量(パワー)で羂索を殴り飛ばした。

九十九由基の術式は、自らに仮想の質量を付与する「星の怒り(ボンバイエ)」

そして凰輪は、九十九由基の術式により呪具化した式神で、本人以外唯一「星の怒り(ボンバイエ)」術式対象であると。

概念を無視する九十九由基に対して、呪霊温存を選択する羂索

一方、九十九由基は、呪霊操術と肉体を渡る術式以外に”重力”とさらに4つ目の術式を羂索が所持していると予想した。

互いに駆け引きする中、羂索は領域展開「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」を発動!

その刹那、九十九由基「天元!!」と叫んだ。

二人の策は?そして間に合うのか!?

感想と考察

今回、羂索九十九由基の術式詳細が一部判明。

情報が多いのでまとめてみました。

まず羂索についての情報です。

式神 羂索が出現させた特級呪霊は、あらゆる”障害”を取り除くアジアの神の呪い

そのフォルムから由来は、ヒンドゥー教の神の一柱である「ガネーシャ」。

サンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味し、特に「富の神様」としてインドを中心に人気が高い。

術式 呪霊操術と肉体を渡る術式以外にも術式を持っている

極ノ番「うずまき」で抽出した術式は一度しか使えない。複数ストックはおそらく無い

三つ目の術式は「重力」

四つ目の術式を持っているかもしれない

領域展開 羂索の領域展開は「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」

一方の九十九由基の詳細です。

式神 ”凰輪(ガルダ)”は、術式により呪具化した式神

本人以外唯一「星の怒り(ボンバイエ)」術式対象

ガルダは、インド神話に登場する炎の様に光り輝き熱を発する神鳥

術式 自らに仮想の質量を付与する「星の怒り(ボンバイエ)」

上げた質量による本人への影響は無い(概念無視)

切り札となる呪力出力の高い拡張術式を所持している可能性大

領域展開 領域展開は判明せず

九十九由基のプランは、羂索に領域を展開させて、展開後の術式は使用困難な状態まで追い込むと描かれてます。

二人が闘っている場所が、天元の結界の中であることから、九十九由基の攻撃で羂索の領域の強度をできる限り下げた上で、天元の力で領域を中和しようというプランだと思われます。

しかし、九十九由基の想定よりも早いタイミングで、羂索は領域を展開しました

次号、天元の策が間に合うのか?注目ですね。

【呪術廻戦】第204話の感想と考察!

第204話。

タイトル「血と油③」

ざっくりいうと

兄弟の後押しを得た脹相は、壊相の「翅王」をダミーに羂索に攻撃を仕掛ける。

しかし、瞬時に見抜いた羂索は、あざ笑うかのごとく脹相にダメージを与えた。

それでも、あきらめない脹相は兄弟3人の特性を合わせ”運河”のごとく羂索の近くに圧縮した血液を運び”超新星”を発動したが不発。

羂索は呪霊操術以外の何かを使ったのだ。

その時、脹相が掴んだ情報を繋ぐかのごとく、遂に九十九由基が登場した!

感想と考察

脹相兄ちゃんがんばりました!

羂索脹相渾身”超新星”をかわすために使った”何か”がどんな術式なのかわかりません。

ただ、羂索の怪訝そうな表情九十九由基「最高だぜお兄ちゃん!!」という言葉からは、何かを掴んだのは間違い無さそうです。

いよいよ特級術師・九十九由基がベールを脱ぐわけですね。

そして、お兄ちゃんまだ死んでません!

この後どなるかわかりませんが、まずは良かった。

それにしても羂索が咄嗟に使った術式は何ですかね?

【呪術廻戦】第203話の感想と考察!

第203話。

タイトル「血と油②」

ざっくりいうと

羂索をひとり迎え撃つ脹相

死を覚悟した脹相は、少しでも術式情報を引き出して九十九由基に繋ごうとしていたのだ。

虎杖悠仁に何をさせるつもりだと問う脹相羂索は答えた。

強いて言えば器であることが役割で、新時代の始まりの狼煙だと。

しかし、すべての不幸の中心は悠仁ではなくオマエだと脹相は強く否定した。

脹相の狙いを見透かし、あざ笑う羂索は、特級術師の力を解説しながら、低級呪霊しか使わず一級術師相当の脹相を圧倒した。

窮地に立たされた脹相だが、弟たちの力を貸してくれと反撃にでる!

感想と考察

「クソみたいな親に一撃だって入れられやしない」

このセリフで思い出したけど、呪胎九相図は、羂索(加茂憲倫)が生み出したんですもんね。

それにしても失敗作とはひどい言いよう。

そして、脹相は一級術師相当だったと初めて知りました。

確かにこれまでの戦いを思い返すと、真人漏瑚のような圧倒的な力ではないですもんね。

当然のことながら、九十九由基は、特級術師だと思われるので、どんな術式と領域展開の使い手なのかとても興味深いです。

その前に脹相「ファイヤー!!!!」で一矢報いることができるのか?

九十九由基も「いや、まだだ」と言っているので、期待しましょう。

そして、逝ってくれるな脹相兄ちゃん

今回、羂索のセリフに重要なワードがありました。

「虎杖悠仁は始まりの狼煙」

「新時代の台風の目」

1億人の呪力の塊が持つとてつもないエネルギーを大国同士が奪い合う。

その狼煙が、虎杖悠仁(宿儺)の強大な呪力ってことですよね。

羂索が目論む新時代とは、大国が呪力で戦う第三次世界大戦的なことかもしれません

【呪術廻戦】第202話の感想と考察!

第202話。死滅回游急展開!

タイトル「血と油」

ざっくりいうと

こたつのある居間で話す天元九十九由基

12年前、天内理子以外にも星漿対体以外にもいたが天内理子ほど素質のある子はいなかった。

同化を拒否したのではなく、加齢による進化という現実を受容した。

そう語る天元九十九由基は憤りながら言った。

天元との同化が星漿体にとってどういう結末なのか教えて悟ったつもりにはさせない。

それが元星漿体の自分の責任だと。

一方、薨星宮直上では、羂索脹相に語っていた。

死滅回游は既に役割を終えた。

ここで天元を獲ったら君たちの負けだ。

天元と非術師の同化は一億人の呪力を孕んだ呪霊になると見ている。

そして、それを成して何を得るか問う脹相羂索は答えた。

面白いと思ったから。

冗談めかして笑う羂索脹相怒りの”穿血”が!

感想と考察

情報量多い!

そして内容が難しい!

気になるポイントがたくさんありました。

  • 天内理子以外にも星漿体候補はいた
  • 天元に最早性別はないが、どちらかといえばババア
  • 九十九由基元星漿体
  • 死滅回游は既に役割を終えた
  • 羂索を突き動かす理由は、面白いと思ったから

でも、一番気になるのは、お兄ちゃんが逝っちゃいそうなことです。

今回は、もうちょっと読み込まないと理解するの難しそう。

特に、面白いと思ったから”という言葉の意味がむずい。

1億人の呪力の塊が抱腹絶倒のマヌケ面だったらどうする?と笑っているのは、逆に期待しているからではないでしょうか。

つまり、1億人の呪力の塊が持つエネルギーは、とてつもないものだと

そして、前回も考察しましたが、大国同士がそれを奪い合う混沌を創り出そうとしているのではないかと思うわけです。

終わりが近づいている気がしますね。

【呪術廻戦】第201話の感想と考察!

第201話。

タイトル「直接会談②」

ざっくりいうと

エネルギーの自給自足の実現のために呪術師の拉致をアメリカ大統領に提案した偽夏油

米国エネルギー省のサイラス・ヴェイルも他国に遅れを取らぬよう提言する。

日本人の拉致に必要な人員は、一個中隊もあれば足りるというギャリー陸軍中将だが、偽夏油は最低でも800人必要と返した。

日本人は心配性で小心者だと失笑するギャリー中将裏梅は術師の実力を試すことを提案。

その方法は、CAT(カウンターアサルトチーム)15名とCIA(中央情報局)準軍事組織SAC(特別行動センター)30名が偽夏油の行動を阻止するというもの。

自信満々のギャリー中将だったが、偽夏油は巨大な式神を使いあっという間にCATとSACの精鋭達を片付けてしまった。

斯くして、東京第一結界にアメリカ陸軍807人が放たれたのだ。

感想と考察

大統領の側近が、他国と組む可能性があると耳打ちした際、裏梅「もう組んでますよ」とつぶやいていることから、アメリカはあくまで交渉相手の一国とみるべき。

サイラスがライバル国としてあげたのは、中国、ロシア、サウジアラビア、ドイツ、インド、フランス、韓国、トルコ、パキスタンの9国。

アメリカを加えると10国となり、これは死滅回游の結界数と同じである。

つまり、偽夏油は、上記の国全てと組み、各結界に一国ずつ軍隊を派遣させようとしているのではないだろうか?

呪力がエネルギーになるということは、渋谷事変で九十九由基が言及していました。

死滅回游(羂索)の目的は、呪術師を戦わせることで、より強力なエネルギー源を確保し、大国に売ること?

そして、前回の考察通り、大国同士の戦争を引き起こし世界を滅亡に導こうとしているのではないでしょうか?

【呪術廻戦】第200話の感想と考察!

記念すべき第200話。

タイトル「直接会談①」

ざっくりいうと

堕天宿儺だと知った虎杖は、ジェスチャーで伏黒に伝えた。

宿儺がわざわざ口止めしたのは、きっと天使宿儺を殺すだけの能力があるからだ。

五条悟の復活と引き換えに死ぬ覚悟をする虎杖

そして、伏黒は、虎杖が命を投げ出すことを危惧する中、凄い数(807人)の人間が結界に侵入していた。

遡ること2018年2月、羂索は、米国の首脳に対して、プレゼンを行っていた。

呪力は化石燃料、再生可能エネルギーに取って代わる人類史上最もクリーンなエネルギー。

そして、五条悟一人で一国の電力を賄えるレベルである。

呪術師という資源(金脈)をいち早く手中に収め研究すべきだと。

アメリカ大統領の権限で、研究サンプルとして日本国民の拉致しろという提案だった。

感想と考察

今回も情報多かったですね〜

そして、理解するのが大変!

まず前半はわかりやすい流れで、虎杖が自ら命を投げ出すという予想通りな展開。

問題は後半ですよね。

まず羂索がプレゼンしていた場所は、167話で描かれたシーンではないのか?

その時は、中国語で会話していたので、中国にいると思ってました。

しかし、今回のプレゼン相手は明らかにアメリカですよね。

おそらく、167話ではアメリカと並ぶ超大国の中国に対して、今回はアメリカに対してプレゼンしていたと考えると辻褄が合いそうです。

米国エネルギー省のサイラス・ヴェイル「逃せば世界に遅れをとりかねない」と言っていることからも、その可能性が高いのではないでしょうか。

死滅回游は、呪力というエネルギーを生み出すスキーム。

そして、羂索は、超大国(アメリカ、中国)に入札を持ちかけた。

これって、超大国同士を戦わせて、世界を滅亡に導くといった壮大な計画だったりする?

【呪術廻戦】第199話の感想と考察!

第199話は、桜島結界決着からの東京第一結界。

タイトル「仇名」

ざっくりいうと

直哉を撃破した真希は重傷の加茂の元に。

加茂家の事情を自分に照らし合わせた真希は、自分と同じ轍を踏むなと伝えた。

加茂の母親は、早く家を捨てて自分のところに戻ってくるように忌み名である「ノリトシ」と名付けたのだった。

そのころ、東京第一結界のホテルの一室。

ようやく目を覚ました伏黒恵の前には来栖華の姿が。

さらには、バスローブ姿の虎杖とコンビニから戻った高羽もその場にいた。

高羽の戦闘にかけつけた虎杖が2人でを探している時、気を失ったを運ぶ来栖に遭遇したのだ。

風呂に入って落ち着いたは、3人から話を聞いて、ようやく状況を把握。

が100点、乙骨が190点、高羽来栖の点を合計すると359点になり、津美紀を救うためのノルマに達したことに安堵した。

来栖に質問を続けるに対して、来栖の頬に現れた口が話し始めた。

”天使”は私だよ。

実は、高専側が探していた”天使”と呼ばれる泳者は、来栖華と共生していた。

虎杖宿儺の関係と同じである。

天使の目的は、受肉した泳者の一掃。

そして、堕天と言われる泳者を殺すことが、獄門彊の封印を解く協力をする条件だという。

その時、虎杖の中で宿儺が囁いた。

”堕天”は俺だ。

感想と考察

ちょっと、ちょっと、今回情報量多すぎません?

まず加茂君

完全に空気と化してましたよね

三代大道の方が全然目立ってたし、役に立ってた。

母親とのエピソード含め、自虐感全開でちょっと可哀想。

最後の最後で、羂索を倒した後の加茂家再興を担うんじゃないか?

このまま終わっちゃったらさすがにね。

そして、来栖華というか”天使”ですよ。

来栖華と共生という、まさかの虎杖×宿儺パターン

味方で良かったぁ〜って思ってたら、最大の標的は”堕天”=”宿儺”だという。

第145話で、天使は1000年前の術師と言ってました。

宿儺と同じ時代に生きていたんですよね。

堕天=天使が堕落して悪魔(正確には堕天使)になること。 

ということは、天使と宿儺は元々は、共通の目的をもった同志だったとか?

そうだとしたら、目の前にいる宿儺に気づかないんですかね?

う〜ん、これは微妙な展開。

鹿紫雲も味方っぽくなったけど、標的は宿儺だしね。

まあ、そんなに順調にいくわけないか。

あと気になるのが、天使の話を遮った華が恵を助けた理由

の動揺する感じからすると、「華は君を以前好きだった」

そんなイメージですよね。

当たり前過ぎるかな?

「華は君を以前」に続く言葉って、他にあるかな?

ますます面白くなってきましたね。

来栖華が145話で登場した時に記事書いていますので、興味ある方はぜひ読んでみてください!

来栖華の記事

【呪術廻戦】第198話以前の感想と考察

第198話以前の考察は下記のリンクからアーカイブにアクセスしてください。

過去の考察記事はこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です