呪術廻戦|最新話の感想と考察!伏線回収や謎についても

この記事では、漫画「呪術廻戦」最新話の感想と考察をしています。

毎週月曜日(休載週を除く)に更新します。

個人的見解ですので、その点ご了承ください。

呪術廻戦ファンの方必見

MAPPA制作のアニメ版「呪術廻戦」はド迫力!

無料でアニメ呪術廻戦を見たい方は
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓

無料でアニメ「呪術廻戦」を見る

【呪術廻戦】第198話の感想と考察!

第198話は、引き続き桜島結界。

タイトル「桜島結界⑧」

ざっくりいうと

直哉が意地の領域展開「時胞月宮殿」

細胞一つ一つを術式対象にする領域で、三代大道は出血とともにフリーズ。

しかし、呪力の全く無い真希を領域に閉じ込めることができなかった。

真依が遺した刀「釈魂刀」のレプリカで真希直哉の心臓部を領域の外から刺したのだ。

直哉の領域の必中効果は、呪力のない真希を認識できず、真希に真っ二つにされた。

ここに甚爾の没後12年、早くもその実力に並ぶ鬼人が完成したのである。

感想と考察

直哉の領域展開「時胞月宮殿」のベースは、投射呪法(1秒を24分割し、その動きを高速でトレースし超高速を生み出す。対象がトレースに失敗すると1秒間フリーズする)

つまり投射呪法よりも術式対象を更に細かくしたのが「時胞月宮殿」

領域展開を発動した直哉のフォルムが子宮を、「時胞月宮殿」という文字面や印相(伎芸天印)女性をイメージさせていて、女性蔑視の典型である直哉を隠喩しているように感じました。

しかしながら、呪力の全く無い真希には全く効果のない領域展開。

そして、真依が遺した刀は、甚爾「釈魂刀」のレプリカであり、大道を通じて真希が殻を破るお手本を見せたというのが最高に胸アツ。

結果的に直哉が最も蔑んでいた双子の姉妹の手によって葬り去られたという最高に皮肉な結末でしたね

これで桜島結界編は終了ですかね?

そろそろ、行方知れずのキャラたちの復活があるでしょうか?

とか野薔薇とかね。

————————————

単行本は20巻まで発売中!

劇場版「呪術廻戦0」の公開に併せて発売されたノベライズ本

五条悟が夏油傑にかけた最後の言葉のヒントが隠されています!

劇場版 呪術廻戦 0 ノベライズ (ジャンプジェイブックスDIGITAL)

呪術廻戦公式ファンブックには、各キャラクターのプロフィールや術式、用語などの詳細が収録されています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

呪術廻戦 公式ファンブック (ジャンプコミックスDIGITAL)

劇場版「呪術廻戦」では、0巻に収録された百鬼夜行が映画化。

百鬼夜行に興味のある方は、0巻をぜひ読んでみてください。

呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックスDIGITAL)

公式ファンブック0巻を半額以下で購入する方法もありますので、興味のある方は下記をClick!

『呪術廻戦」はディズニープラスでも観れる!
Disney/MARVEL/Beatles「Get Back」など
月額990円で見放題!
↓↓↓ ディズニープラスの登録はこちら↓↓↓

Disney+ (ディズニープラス)

【呪術廻戦】第197話の感想と考察!

第197話は、引き続き桜島結界。

タイトル「桜島結界⑦」

ざっくりいうと

フィジカルギフテッドにより、呪力を持つ仲間と同等の能力を手に入れたことで満足していた自分に気付いた真希

三代の領域における1,000をこえる取組は、伏黒甚爾が到達した域は、まだ先にあることを真希に教えてくれた。

面を捉えることで、直哉のマッハ3の攻撃を難なく躱していく真希

三代大道の加勢もあり、窮地に立つ直哉は、真希甚爾の面影を見た。

それを認めることができない直哉は領域を展開する!

感想と考察

ただひたすら相撲を取りたい三代

刀を握り、斬りたいものを斬る大道

純粋な2人の考え方が真希を開眼させた

これで、真希はさらなる領域、つまり伏黒甚爾のレベルに達したわけです。

三代大道という、敵でも味方でもない泳者達が、結果的に高専サイドに大きなアドバンテージをもたらしたという流れが良き。

そして、直哉がついに領域を展開する!

どんな領域展開なのか?どう真希が対処するのか?

めちゃくちゃ楽しみですね。

しかし、三代六十四の名前の由来が、ダジャレだったとはね。

ちなみにSNSでは、NARUTOの日向一族の八卦六十四掌のオマージュという説もあった。

あと、「三代の結界は、縛りの要素を排除した結果時間の流れが早く、結界の外では、1分も経過していない」ということだが、マッハ3の直哉が、その間待っててくれたのも不思議。

【呪術廻戦】第196話の感想と考察!

第196話は、引き続き桜島結界。

タイトル「桜島結界⑥」

ざっくりいうと

簡易領域を発動させる三代

その領域は彼が相撲を取るためのみ機能し、両者の同意がない限り完成しない。

真希は、自分は何が見えていないのか、頭を整理するために敢えて勝負を受けた。

真希には師匠と呼べる人物がいない。

強くなるために他者を頼るという発想がなかったのだ。

三代との勝負を繰り返す中で、真希はヒントを得ていく。

そして、ついに答えにたどり着くのだった。

そこには晴れ晴れとした真希の笑顔が!

感想と考察

三代の役割。

それはまさにコーチですね。

真希三代との闘いの中で、現代的な手法で言うとーチング”を受けたんだと思いました。

”コーチング”って、対象が自ら考えをまとめていけるように導く手法。

師がいない真希は、初めて自分を導いてくれるコーチに出会ったのです

そして、コーチ・三代との闘い(コーチング・セッション)の中で、真希は答えを見つけたわけです。

コーチングを受けた人って、答え導き出した時にスッキリした顔になる特徴があります。

真希もとても晴れやかな顔をしていました

おそらく呪術廻戦に登場して以来、初めて見せる表情ではないでしょうか。

これで、真希の無敵度が一気にアップするのは間違いなさそうです。

よくやった三代!!

【呪術廻戦】第195話の感想と考察!

第195話は、引き続き桜島結界。

タイトル「桜島結界⑤」

ざっくりいうと

突如現れた游泳者の一人は、大道鋼

とにかく刀を探し回っている。

もう一人の游泳者は三代六十四

相撲を取ってくれる相手を探しているが、誰も相手してくれない。

ようやく手がかりを掴んで、東京に向かうつもりが桜島結界に迷い込む。

直哉の攻撃に圧倒され、外から異物を欲していた真希は、大道に自らの妖刀を与える。

刀を手にして、圧倒的な殺傷能力表面化させた大道

直哉に一太刀浴びせるとともに真希にフィジカルギフテッドをコントロールするヒントを与えた。

そして、三代は簡易領域を発動させる!

感想と考察

今回は、2人の新キャラが登場したにも関わらず、SNS上を席巻したのは、DX日輪刀。

先週、加茂のセリフ「命を燃やせ!」が、鬼滅の煉獄さんのセリフ「心を燃やせ!」 のオマージュ?

声優も日野聡さんということで、ザワザワしましたが、今回確信ですね。

さらに巻末には「優しい皆は作中の時間とDX日輪刀の販売時期を照らし合わせたりはしないよね」下々先生のコメント。

死滅回游は2018年11月。

DX日輪刀の販売は2020年10月。

なるほど、なるほど。

ファンは見逃してくれませんよね。

それはそうとして、新キャラ2人の活躍が楽しみ。

特に大道

直哉を喰っちゃったりするのか?

次回注目です!

【呪術廻戦】第194話の感想と考察!

第194話は、引き続き桜島結界。

タイトル「桜島結界④」

ざっくりいうと

加茂は、直哉の体当たりで動けない真希を援護。

このままでは二人共死んでしまうから、真希に結界を出るよう促す加茂。

しかし、真希は傷を癒やすために5分だけ時間を稼いでほしいと言う。

圧倒的なパワーで一方的に攻撃を受けるが、加茂も赤血操術「穿血」でしぶとく抗う。

しかし、力の差はどうにもならず、絶体絶命の状態に追い込まれる加茂

その時、突如2人の泳者が闖入してきた!

感想と考察

真希が5分で回復すると言ってました。

術式を使えないわけですから、反転術式ということではないでしょう。

フィジカルギフテッドならではの回復方法があるのかもしれません。

加茂の過去回想は、加茂家を出た母親が再婚して子供生んでいるという設定でしょうか。

新しい家族で幸せそうにしている様子を加茂が見つめているという情景に思えます。

どこにも居場所がないのはーーーーー つまり加茂自身ということ。

このまま直哉にヤラれてしまったら、加茂が可哀想過ぎる。

なんとかしてほしい。

そして、最後に闖入した泳者2人

誰?

キャラ的には、高羽的な立ち位置?

悪いやつには見えないけど、なんで泣いてるのか?

真希が回復する時間稼ぎになってくれることを祈る!

【呪術廻戦】第193話の感想と考察!

第193話は、引き続き桜島結界。

タイトル「桜島結界③」

ざっくりいうと

加茂は、間に血を割り込ませることで、直哉の一撃を間一髪防いでいた。

「赤鱗躍動」「赤縛」真希を援護する加茂

しかし、呪いと化した直哉は、明確に自我を残す上、術式「投射呪法」も使う。

幼体で音速を超えていたスピードを更に加速し、カウンターで待ち受ける真希にマッハ3で激突。

進化した直哉の前に真希の命運は?

感想と考察

直哉の実力がエグいですね!

元々スピードが売りだっただけに呪いと化した現在、スピードの進化が凄まじい。

幼体で音速(マッハ1)を超え、変態後の速度はマッハ3に達した。

そのメカニズムは、下記の通り。

「音速で吸気口から取り込んだ空気をラム圧と呪力で圧縮し、体外へ排気することで、更に推進力を得る」

見慣れない言葉が出てきました。

ラム圧とは?

自動車が走行しているときに車体に加わる風圧などのことで、空気抵抗によって高まるため、走行速度に比例して強まる。

レーシングカーは、インダクションポットという車外の空気を取り込む部品を設置して、この風圧を利用している。

直哉は、その風圧に呪力を加えることで、更に大きな推進力を得ているわけです。

マッハ3の衝撃の度合いが想像できないので、ちょっと調べてみました。

  • 米航空宇宙局(NASA)のスクラムジェット・エンジン実験機「X-43A」:マッハ9.6(世界最速)
  • 世界最速戦闘機MiG-25フォックスバット(最高速度):マッハ2.83
  • ウルトラマン:マッハ5
  • 新幹線(最高速度):マッハ1

マッハ1が、ほぼ秒速340mなので、マッハ3は、秒速1,020m。

つまりマッハ3は、1秒に1km移動できるスピードということですね。

【呪術廻戦】第192話の感想と考察!

第192話は、引き続き桜島結界。

タイトル「桜島結界②」

ざっくりいうと

真希は、呪力の無い自分が殺したから、直哉は死後呪いに転じたと思っていた。

しかし、実は直哉を殺したのはだと告げられ真希は動揺する。

それでも、加茂の援護を受けながら戦う真希

直哉が呪胎から変態しようと姿を変えたその時、加茂”穿血”が炸裂。

しかし、祓えたと加茂が安堵した刹那、進化した直哉の一撃が加茂を襲った!

感想と考察

変態を遂げるタイプの呪胎は、その多くが特級に相当するとのことなので、変態した直哉はおそらく特級レベル。

過去、特級呪霊・漏斗が1級術師・禪院直毘人を一撃で56したように加茂も死んでしまったと見るのが妥当なのか?

もしそうだとすると、登場時の存在感とは裏腹に完全に雑魚キャラ確定

御三家の一家を担うはずのだったことを思えば、さすがにこのまま終わってほしくはないところです。

次回反撃に転じることを期待しましょう。

それと、twitterでもツイートされてましたが、確かなエヴァ感ww

【呪術廻戦】第191話の感想と考察!

第191話は、東京第2結界から桜島結界へ!

タイトル「桜島結界①」

ざっくりいうと

総監部の通達その二(五条悟永久追放と封印解除の禁止)を取り下げようと家に戻った加茂憲紀

したが、本家は憲倫(羂索)に乗っ取られていた上、既に総監部は羂索の手に落ちていた。

居場所をなくした加茂と桜島結界で合流した禅院真希を異様なフォルムの呪霊が襲う。

フィジカルギフテッドの真希をスピードで圧倒する呪霊の正体はなんと直哉だった。

感想と考察

これまでも全くと言っていいほど存在感の薄かった加茂憲紀ですが、輪をかけて悲しい状況になってしまいました。

本家を乗っ取れられた上、総監部まで羂索は手中に収めていた。

さらに56すまでも無いという弱者扱い。

ダメ押しで、直哉に全部持っていかれてしまうという。

今後活躍する場はあるのでしょうか?

桜島結界編は、加茂憲紀の他に禅院真希直哉も登場したことから、御三家を中心に展開すると思われます

そして、驚きの直哉登場ですよ。

以前、九十九由基が言ってましたね「術師からは呪霊は生まれない。術師本人が死後呪いに転ずるのを除いて」

つまり直哉は、呪いに転じて呪霊になったわけです

それと、「死後呪いに転ずることを防ぐために呪力で殺す」って加茂楽巌寺学長に言ってたのも伏線ってことか。

直哉の死因は、包丁だもんね。

その実力は、術師時代を超える特級呪霊レベルに!

もしかすると、直哉だけじゃなく、殺された禅院家の呪い全部盛りだったりして。

それにも羂索が絡んでたらと思うとゾッとする。

次回、フィジカルギフテッドvs特級呪霊のバトルの行方は!?

そして、加茂憲紀はどうなっちゃうの?

【呪術廻戦】第190話以前の感想と考察

第190話以前の考察は下記のリンクからアーカイブにアクセスしてください。

過去の考察記事はこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です