SPY×FAMILY(スパイファミリー)アーニャとは?超能力や被検体007も解説

アーニャ・フォージャーは、遠藤達哉原作SPY×FAMILY(スパイファミリー)の登場人物。

普通の子供の用に好奇心旺盛ですが、他人の心を読む超能力を持っています。

その能力で、ロイド達を何度か助けた事もありました。

この記事ではアーニャ・フォージャーのプロフィール、超能力等について説明します。

SPY×FAMILYのファンの方必見!

 

SPY×FAMILY(スパイファミリー)アーニャ・フォージャーとは?

SPY×FAMILY第1話より引用

アーニャのプロフィール

  • 設定上ロイドの前妻の娘
  • 年齢:設定上6歳(推定では4、5歳)
  • 表向き:ロイドとヨルの娘
  • 隠している事:心を読める超能力者である事
  • 好きな事:冒険アニメ『スパイ大戦争』を見る事
  • 苦手な事:勉強をする事、人込みに行く事
  • 好きな食べ物:ピーナッツ
  • 嫌いな食べ物:にんじん

アーニャの生い立ち

アーニャは見た目は普通の少女ですが、とある組織によって偶然生み出された超能力者。

彼女を生み出した組織の者達は勉強を強要しました。

しかし、普通にお絵かきとかをしたいアーニャは勉強に嫌気が差します。

そして遂に逃亡し、アーニャと名乗るのです。

逃亡後に能力を使ったせいで気味悪がられたり、冷罵された事がありました。

この事からアーニャは能力を隠して、施設や里親を何度も転々。

やがてロイドと出会い、設定上彼の娘として暮らす事になるのです。

被検体007 とは?

ある組織の研究所にいたアーニャ

彼女はそこで、「被検体007」と呼ばれていました。

被検体007と言う事は、アーニャと同じような被検体が彼女を含めて7人いたと言う事です。

アーニャ以外は登場していなかった事から、皆実験に失敗して命を落としたのだと思います。

ロイド・フォージャーとの出会い

アングラな施設にいる時、任務のために子供を探していたロイドと出会います。

超能力でロイドがスパイである事を知り、興味津々となったアーニャ

ロイドに気に入られるようアピールし、なんとか引き取ってもらうことに成功。

SPY×FAMILY第1話より引用

しかし、会話が噛み合わなかったり、ロイドに頭が悪いと言う印象を与えてしまいます。

しかもスパイ道具を勝手に使った事で、ロイドの敵対者に誘拐されたのです。

やがてロイドが助けに来て、彼女を警察署に保護させようと逃がして、敵対者を撃退。

その後、彼女はロイドと離れる事を望みませんでした。

こうしてロイドアーニャを設定上自分の娘として養子に迎えることになりました。

学校生活について

アーニャはドノバン・デズモンドと接触を図りたいロイドの目的のため、イースト校に入学。

入学後も一応無難に過ごし、大企業のお嬢様レベッカとも親しい間柄になりました。

しかし、順風満帆かと言われれば微妙なところです。

プランA

プランAとは、アーニャを「皇帝の学徒」にして、懇親会に参加するというもの。

しかしながら、元々アーニャは勉強が大の苦手。

小テストでは赤点を取り、本番のテストでも赤点は回避しているがギリギリの状態。

一度ロイドアーニャの点数を改竄しようと動くほど、彼女は成績が良くないのです。

そのため、プランAの達成は困難と見られています。

プランB

プランBは、アーニャとドノバンの息子のダミアン・デズモンドを仲良くさせて、彼に接触するという計画。

達成が困難と見られるプランAの代案として考えられました。

プランBを成功させるためには、ダミアンと親しい仲にならないといけません。

しかし、アーニャレベッカの足を踏んだと言う理由で、ダミアンを殴ってしまいます。

SPY×FAMILY第8話より引用

その後、アーニャは謝りましたが、親しくなるどころか前途多難な感じです。

アーニャの超能力について

アーニャは、とある組織によって、超能力持ちとして生まれて来た存在です。

そんな彼女の超能力の詳細について紹介したいと思います。

アーニャの超能力とは?

アーニャの超能力は、人の心を読む力です。

この能力を使えば、相手が心の中で言っている事や心の中の映像を知る事が出来ます。

ロイドがスパイである事、ヨルが殺し屋だと言う事を見抜きました。

そしてその能力を使って、時折ロイド達の窮地を救ったことも。

また、溺れている子供の叫びを聞き取り、自らもプールに飛び込んだことでロイドが気づき救出に成功。

その勇気と功績が認められ、ついに星(ステラ)をゲットしたのです。

SPY×FAMILY第16話より引用

エクリプスなどアーニャの超能力の欠点は?

一見便利な能力ですが、欠点もかなりあります。

1つ目が気味悪がられる事です。

本来、人の心を読む能力は、普通の人間が使える能力ではありません。

上記でも述べましたが、その能力を使った際、気味悪がられました。

それ故にアーニャは能力を使ったら見捨てられると悟り、今も猶隠しているのです。

2つ目が能力のオンオフが出来ない事です。

アーニャは能力のコントロールが出来ず、自分の意思で能力をオフにしたり出来ません。

そのため、暴言等と言って嫌な心の声も聞かざるを得ないのです。

それにユーリヨルに対する愛情の言葉も聞かざるを得ないので、胸やけする事もあります。

勿論、その逆も出来ません。

上記でも述べましたが、アーニャは人込みを苦手としています。

その理由は様々な人の心の声が聞こえるからです。

それ故に能力をオフに出来ないアーニャは、人々の心の声が聞こえる人込みが苦手なのです。

3つ目は新月です。

理由は不明ですが、新月では能力が使えないのです。

この現象は「エクリプス」と呼ばれていました。

その新月が出る日が、苦手なテストの日だったので非常に慌てていました。

SPY×FAMILY第26話より引用

まとめ

  • アーニャ・フォージャーはとある組織が生み出した超能力者
  • アーニャ・フォージャーはロイドと出会った事で偽物とは言え、彼の娘となる
  • アーニャ・フォージャーの学校生活は現状ロイドの目的達成の役に立っていない
  • アーニャ・フォージャーは人の心を読み、映像を見れる超能力を持つ
  • アーニャ・フォージャーの超能力の欠点は多い
SPY×FAMILYを安く買いたい方はこちら
コミックスで読みたいという方は、こちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です