【怪獣8号】最新話の感想と考察!伏線回収や謎についても

この記事では、少年ジャンプ+で連載中の松本直也原作「怪獣8号」最新話の感想と考察をしています。

毎週金曜日(休載週を除く)に更新します。

個人的見解ですので、その点ご了承ください。

怪獣8号ファン必見!!


【怪獣8号】最新話(第71話)の感想と考察!

2022年9月30日配信「ジャンプ+」掲載71話の感想と考察です。

ざっくりいうと

識別怪獣兵器ナンバー1をフル装備した鳴海隊長は、圧倒的なパワーで怪獣を駆逐。

第1第3部隊は、過去に例を見ないスピードで市民の避難拠点を確保。

しかし、兵庫、大阪、仙台、函館など全国各地で怪獣が圧制しているため増援ができない状況。

怪獣9号が裏で手を引いているのである。

厳しい戦況に鳴海は識別怪獣兵器ナンバー4の出動を要請。

ナンバー4を装着するのは、亡き母ヒカリの意思を継ぐ、四ノ宮キコル

感想と考察

ついにキコルがナンバー4を継承

胸熱です!

識別怪獣兵器フル装備の鳴海隊長もイカツい!

しかしながら、全国各地で場合によってはF.t(フォルティテュード)7.0クラスの怪獣が発生しているわけです。

各地に1つは識別怪獣兵器が必要ですよね。

現在判明している識別怪獣兵器は下記の通り。

1号 鳴海弦
2号 四ノ宮長官→怪獣9号へ
4号 四ノ宮キコル
6号 市川レノ
8号 日々野カフカ
9号 怪獣9号
10号 保科宗四郎

まだ3号5号7号が判明していません。

亜白ミナもきっと識別怪獣兵器を装備すると思います

誰が識別怪獣兵器装着者に任命されるのか?

これまた楽しみです。

そして、さりげなく、保科宗四郎第3部隊副隊長のお兄さんが登場してました。

第6部隊隊長 保科宗一郎

”宗一郎”ということは長男。

まだ次男と三男がいるということですよね。

2人も日本防衛隊なんでしょうか?

面白い展開になってきました。

————————————-

ebookjapanの特典クーポンで
怪獣8号全巻が
50%OFF買える!

eBookJapanの登録はこちらから

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)怪獣8号は現在8巻まで発売されています。

コミックスには、本誌には掲載されていない情報も収録されています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

↓↓Amazonで購入する方はこちらから↓↓

怪獣8号

↓↓楽天で購入される方はこちらから↓↓

【新品/あす楽】怪獣8号 (1-4巻 最新刊) 全巻セット

価格:2,112円
(2021/9/3 09:58時点)
感想(1件)

怪獣8号関連記事一覧
  1. 【怪獣8号】電子書籍で原作漫画を安く買う!全巻最安値で読む方法!
  2. 【怪獣8号】登場人物・キャラクターまとめ!本獣と余獣についても解説
  3. 【怪獣8号】解放戦力とは?数値・防衛隊主要隊員の順位まとめ

  4. 【怪獣8号】日比野カフカと亜白ミナの関係は?恋愛要素や結婚について考察

  5. 【怪獣8号】最新話の感想と考察!伏線回収や謎についても
  6. 【怪獣8号】保科宗四郎(ほしなそうしろう)とは?専用武器「刀伐術」についても解説

  7. 【怪獣8号】四ノ宮キコルとは?解放戦力や専用武器「隊式斧術」についても解説

  8. 【怪獣8号】亜白ミナとは?専用武器や伐虎(ばっこ)についても
  9. 【怪獣8号】四ノ宮功長官とは?識別怪獣兵器による「隊式格闘術」についても
  10. 【怪獣8号】鳴海弦(なるみげん)とは?専用武器や解放戦力についても
  11. 【怪獣8号】市川レノとは?専用武器や解放戦力についても
  12. 【怪獣8号】27話〜40話の感想と考察!伏線回収や謎についても

【怪獣8号】最新話(第70話)の感想と考察!

2022年9月16日配信「ジャンプ+」掲載70話の感想と考察です。

ざっくりいうと

怪獣解体業・徳さんの娘の結婚式。

新婦と父親の入場を新郎と参列者が迎える。

その時、巨大怪獣が式場を襲撃!

しかも、同時に東京各地で怪獣が発生した。

あまりの数に対応しきれず絶望感で呆然とする防衛隊本部。

式場では、瀕死の新郎を抱えて逃げる徳さんだったが、娘が怪獣に捕らわれる。

万事休すと思われたその時、鳴海が現着。

娘はかろうじて救助された。

そして、日本防衛隊は怪獣制圧のため東京各地に出撃!

感想と考察

今週失念しており、アップデート遅れちゃいました。

今回東京各地に出現した怪獣は、9号のような知能怪獣ではないですよね。

従来型の怪獣というか、手下クラスな感じ。

次回は、リーダー格の怪獣が出てきそうです。

そして、鳴海隊長の001ナンバーのスーツかっこいい!

ちなみに式場は墨田区ということで、スカイツリーが見えてます。

浅草ビューホテルかな?と思ったけど、台東区だから違いますね。

【怪獣8号】最新話(第69話)の感想と考察!

2022年9月2日配信「ジャンプ+」掲載69話の感想と考察です。

ざっくりいうと

怪獣が原因と見られる17件の未解決事件が続いてから3ヶ月。

46日間連続で怪獣無発生記録が更新されていた。

有明りんかい基地では、ナンバーズを装備する鳴海隊長キコルの訓練が、共同演習場では、第1部隊と第3部隊の訓練が行われていた。

一方、保科隊長とのマンツーマン訓練に取り組むカフカは、ランチに向かった屋上でミナと再会し、昔を懐かしむ。

不安を抱えながらも、未来のために怪獣全滅を心に誓う2人だった。

そして、新宿歌舞伎町では、ついに怪獣による群発災害が発生!

感想と考察

ついに9号が動き始めました。

一番最初に登場した時同様に人間の体をのっとってましたね

このパターンで攻められると、防御が相当難しい気がします。

いったい何体の9号が存在するのか?

少なくとも17体は確認されているわけです。

このレベルの怪獣が50体、100体存在したら、さすがに厳しいのでは?

もちろん個々の強さレベルによると思いますが、今回登場した怪獣が既にヤバいレベル感。

どんな闘いになるのでしょうか。

【怪獣8号】最新話(第68話)の感想と考察!

2022年8月5日配信「ジャンプ+」掲載68話の感想と考察です。

ざっくりいうと

四ノ宮長官は、怪獣9号の内部で抗い続けていたが、ついに限界を迎える。

日本各地で、未解決の怪獣事件が発生。

その全てが防衛隊到着前に姿を晦ますという高い知能を持つ怪獣によるもの、つまり9号災害の予兆である。

対する日本防衛隊も識別怪獣との同期化など様々な対策を講じる。

そしてキコル四ノ宮ヒカリの識別怪獣兵器4号を継ぐことに!

感想と考察

四ノ宮長官が死んでいなかったこと。

キコルが4号を引き継ぐこと。

まあ、予想しやすいこととはいえ、考察したとおりで嬉しいです。

しかし、今回四ノ宮長官が完全に消滅してしまったのかは気になるところですね。

そして、9号災害の予兆が想像の範囲を超えてます。

どの怪獣も相当なフォルティチュードが想定される上、不気味度合いもかなりのもの。

対する日本防衛隊の識別怪獣兵器は現在下記の状況。

1号 鳴海弦
2号 四ノ宮長官→怪獣9号へ
4号 四ノ宮キコル
6号 市川レノ
8号 日々野カフカ
9号 怪獣9号
10号 保科宗四郎

残りの3号、5号、7号の識別怪獣兵器にどの隊員が同化するのか?

またその実力はどれくらいのレベルなのか?

当然亜白ミナは一番の同化候補でしょう!

いやぁ。これは楽しみです!

【怪獣8号】最新話(第67話)の感想と考察!

2022年7月22日配信「ジャンプ+」掲載67話の感想と考察です。

ざっくりいうと

保科の指導で、下半身強化に取り組むカフカの元に現れたキコル

取り上げられていた端末(スマホ)を届けに来たのだ。

8号であることが知られて以来会っていない仲間たちに、連絡を取るべきか悩むカフカの端末が鳴った。

それは、レノ伊春からの電話だった。

どう思われているか不安な気持ちを伝えたカフカに対して、もっと仲間を信じろと伝えるレノ

カフカのもとには仲間たちからの嬉しいメールが届いていた。

感想と考察

まあ、予想通りにもほどがあるだろ!という結末でしたが、それはさておき、カフカ良かったですね。

今回はつなぎの回という感じでした。

次回以降どのように展開していくのか期待して待ちましょう。

【怪獣8号】最新話(第66話)の感想と考察!

2022年7月8日配信「ジャンプ+」掲載66話の感想と考察です。

ざっくりいうと

カフカ保科に連れて行かれた先は江戸時代から続く怪獣討伐の殉死者が祀られている龍寧神社

保科カフカと純粋な肉体のみの勝負を始める。

保科に圧倒され、自信を失いかけるカフカ保科の口から出た言葉は「お前、強なったな」

しかし、8号の高いスペックに頼るくせがついているから四宮功が完成させた隊式格闘術を叩き込んでやると。

そして、亜白隊長の隣を奪ってみろと激を飛ばすのだった。

思いを新たに神社を後にしようとしたカフカの前に現れたのは武将の幻影。

一体何者なのか?

感想と考察

怪獣討伐が江戸時代から続いてるとは思いませんでした。

資料の画には、甲冑をつけてやりで戦っている武将の姿があります。

いやいや、描かれている怪獣の大きさ考えても無理があるでしょw

象を倒すわけじゃないんだから。

最後にカフカが見た武将の幻影の正体は?

怪獣8号のフォルムにそっくりなので、怪獣8号の祖先?

当時の純粋な肉体だけで戦っていた猛者にも怪獣8号が宿っていたのかな。

幻影が登場した意味は、”肉体強化の必要性”を伝える祖先からカフカへの無言のメッセージかもしれません。

今後も登場する可能性あるのでしょうか。

【怪獣8号】最新話(第65話)の感想と考察!

2022年6月24日配信「ジャンプ+」掲載65話の感想と考察です。

ざっくりいうと

市川レノが史上初の6号適合者として正式に訓練を開始した知らせは防衛隊の若手にあっという間に広まった。

レノの成長を目の当たりにして、必要とされているのは自分ではなく、怪獣8号ではないかと自問自答するカフカ

落ち込むカフカの前に現れたのは保科副隊長

人に戻れなくなるリスクを犯してまで変身するなと保科は優しい言葉をかけた

しかし、仲間のために8号になって戦うというカフカの強い意志を受け止めた保科カフカを強化する道を選ぶのだった。

感想と考察

保科副隊長が久しぶりに登場。

確か前回登場時は、55話、56話。

自己の意思を持つ怪獣10号と交渉をする場面でしたね。

しかし、その後については描かれていませんでした

今回、保科カフカが変身することは避けられないと悟り、強化することを決心しました。

「戦い方を教えたる」という言葉の意味は?

単純に保科刀伐術を伝授すると言う意味でしょうか。

それじゃあ、ちょっとおもしろくないですよね。

保科は、おそらく10号という識別兵器を手に入れてるはずです。

8号10号が切磋琢磨して、能力アップしていく状況が描かれることを期待してます。

【怪獣8号】最新話(第64話)の感想と考察!

2022年6月10日配信「ジャンプ+」掲載64話の感想と考察です。

キコルの母であり、四宮長官の妻・四宮ヒカリと緒方第4部隊隊長は、同期だったんですね

しかも、おそらく緒方隊長は、四宮ヒカリが好きだったようです。

  • 四宮ヒカリの命を奪った6号の適合者が市川レノ
  • 緒方隊長に似た特徴を持つ古橋伊春

責任を持って2人を亜白ミナが驚くような戦士に育ててみせる。

生き残った僕の宿命だから

これどういう意味ですかね?

  • 市川レノ(6号適合者)×古橋伊春
  • 四宮ヒカリ(4号適合者)×緒方隊長

いずれも天才と努力家の組み合わせ。

自分はヒカリを守ることができなかったが、レノと伊春には同じ思いをさせないということでしょうね。

あと緒方隊長が持っていた写真に写っている長身の隊員は、長谷川エイジかな?

顔と耳の形は似ているけど、目と口の形が違うか。

【怪獣8号】最新話(第63話)の感想と考察!

2022年5月27日配信「ジャンプ+」掲載63話の感想と考察です。

筆者の予想とはちょっと違いましたが、結果は近いものがありますね。

伊春の援護で、6号使用による身体へのダメージを極力抑えたレノが本獣を仕留める。

つまり、2人の力を合わせることでナンバーズ6を使いこなす

ほぼ正解ということでww

しかし、伊春の解放戦力の不安定さ。

そして、それと同じタイプという緒方隊長の能力

めちゃくちゃ興味深いです。

通常24%前後の解放戦力が、ゾーンに入った瞬間42%まで跳ね上がる

レノが通常43%前後なので、ゾーンに入れば遜色ないわけです。

天才ではないが、努力の人伊春

ストーリーのあるキャラは、やはり見ていてワクワクしますね。

【怪獣8号】最新話(第62話)の感想と考察!

2022年5月13日配信「ジャンプ+」掲載62話の感想と考察です。

レノの性格がもろに裏目に出てますね

識別怪獣兵器(ナンバーズ)を使用するたびに全身にダメージを受けていたら体が持ちません。

しかも筋断裂とか亀裂骨折ですから。

回復に何ヶ月もかかってしまいます。

その人間の持つ本来の姿を極限まで引き出してしまう

識別怪獣兵器恐るべしです。

案の定、身体だけでなく、精神まで蝕まれていくレノ

でも、ちょっと待ってくださいよ!

これ前回の考察当たっちゃうんじゃないですか?

レノ伊春

2人の力を合わせることでナンバーズ6を使いこなす

伊春レノに引っ張られる形で、数値以上の解放戦力を放出していることからも、2人の力を合わせることでの相乗効果はかなり期待ができそうです。

次回、目が離せませんね。

【怪獣8号】最新話(第61話)の感想と考察!

2022年4月29日配信「ジャンプ+」掲載61話の感想と考察です。

良いですね。

久しぶりに脇役にフォーカスが当てられたのは。

高専でダントツの成績だった古橋伊春でも、日本防衛隊では平均以下。

しかも一番のライバルは、圧倒的なスピードで先を行く。

そして、怪物・市川レノは、戦いの中でさらなる成長を見せる。

解放戦力43%から一気に51%まで上昇

しかし、これあきらかにヤバいですよね。

出力が上がるに連れて、レノの体力がどんどん削られているようです。

6号のパワーに身体が耐えきれなくなっています

嫌な予感しか無いですね。

ちょっと思い切った考察をしちゃいましょう。

  • 6号のパワーに耐えきれない市川レノ
  • 成績が伸び悩む古橋伊春

2人の力を合わせる形で識別兵器6号を使いこなす

なんて展開になったら面白いと思うのですが。

【怪獣8号】最新話(第60話)の感想と考察!

2022年4月15日配信「ジャンプ+」掲載60話の感想と考察です。

予想通りというか予想以上のスピードで識別番号兵器を使いこなしましたね。

1ヶ月で実践可能なレベル、解放戦力の上昇速度はキコルを遥かに上回る

やはり市川レノは、今後の鍵を握ると言っても過言ではないでしょう。

フォルティテュード6.4の怪獣を一蹴してしまうレベルは相当な実力です。

一方で、古橋伊春が受けたショック(嫉妬)の大きさが気になります。

同様のことは他の同期隊員にも起こりうることです。

なんと言ってもエリート集団。

プライドの高さも相当なものと思われます。

まさか、敵に回るようなことはないでしょうが、防衛隊を去るといったパターンはあるかもしれません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です