ゴールデンカムイ|土方一派主要キャラまとめ!土方歳三陣営について

野田サトル原作「ゴールデンカムイ」は、明治末期の北海道・樺太を舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画。

土方一派とは土方歳三牛山辰馬永倉新八を主要メンバーとする北海道の独立をもくろむ集団である。

函館戦争後に網走監獄に投獄されていた土方が、同じ囚人だった牛山や元新選組の永倉などを迎えて第七師団と戦うために組織した。

蝦夷共和国の再興のためアイヌの金塊を探している。

主人公の杉本一味と交戦するが、最終的には共闘もする。

この記事では土方一派の主要キャラについて紹介します。

ゴールデンカムイのファン必見

ゴールデンカムイ|土方歳三とは?

土方歳三のプロフィール

新選組「鬼の副長」として有名な幕府軍の侍。

のっぺら坊がアイヌの金塊のありかを伝えるために彫らせた入れ墨を持つ囚人の一人

函館戦争で戦死したといわれていたが、網走監獄に囚人として暮らしていた。

その後のっぺら坊の策に乗じて他数名の囚人を引き連れて脱獄する。

のっぺら坊から金塊に関する詳しい情報を得ている唯一の存在である

土方歳三の目的

土方の目的は蝦夷共和国の復活の資金としてアイヌの金塊を得ることである

そのために一派を組織し、同じく金塊を狙う第七師団に対抗している。

主人公の杉本一味と最初は敵対していたが、網走監獄の潜入の際には協力した。

しかしこの時の土方の目的は杉本からアシㇼパを引き離して捕らえることと、杉本一味をだしにして本物ののっぺら坊を見つける事だった。

土方歳三の技能・性格

土方は脱獄囚のリーダー的存在であることから、人望の厚い人間だと思われる。

同じ目的を共有するのであればどんな者でも仲間にするところもある。

実際網走監獄に潜入するときは杉本一味に協力している。

技能に関しては、新選組の「鬼の副長」として活躍していたことからも剣道に秀でているのは明らかである。

網走監獄での第七師団との戦いでも大いに活躍した。

土方一派の主要キャラ一覧

土方一派とは蝦夷共和国の再興のためにアイヌの金塊を狙う第七師団の対抗勢力である

入れ墨の囚人の一人である土方歳三が設立し、永倉新八牛山辰馬が主要メンバーとなっている。

最初は杉本一味と敵対していたが、後に共闘する仲となる。

永倉新八

この人物は元新選組の二番隊隊長である。

新選組時代は隊内最強の剣士と呼ばれていた。

北海道の小樽で第二の人生を謳歌しているように見せているが、裏では土方一派に協力している。

土方一派に資金や潜伏用の住居、ロシア人から入手した武器などを提供している。

さらに土方一派のナンバーツー的存在として金塊の争奪戦に参加している。

牛山辰馬

アイヌの金塊のありかを示す入れ墨を持つ囚人の一人

体格のいい柔道家の大男。

驚異的な強さを持ち、「不敗の牛山」というあだ名で呼ばれている。

第七師団に対抗するための戦力を集めていた土方にすぐさま声をかけられ、永倉新八とともに土方一派の中心メンバーとなる。

家永カノ(親宣)

入れ墨を持つ脱獄囚の一人

老夫婦をだまくらかして札幌世界ホテルを牛耳り、女将になりすましていた。

外見上は美女だが正体は元医者の高齢男性

偶然ホテルに来た牛山とアシㇼパを狙っていた。

アシㇼパの目を舐めて杉本に殴られ、白石が爆弾の取り扱いミスをしたことで家永カノのホテルは崩壊した。

牛山に助けられた後は土方一派と一緒にいたが、網走監獄で第七師団に捕まる。

その時に兵士に撃たれた杉本を手術する。

都丹庵士(とにあんじ)

入れ墨の脱獄囚の一人

硫黄山での強制労働で亜硫酸ガスにより失明した。

舌を鳴らした音の反響で周りの状況を把握する能力を持っている

脱獄後は同じく硫黄山で失明した囚人をまとめて屈斜路湖のあたりに住み着く。

硫黄山で囚人に強制労働をさせていた鉱山会社の人間や周辺のアイヌに強盗行為をしていた。

入れ墨の囚人を探すためにアジトの周辺に来た杉本一味を鉱山会社の職員と勘違いし、襲撃する。

門倉利運(かどくらとしゆき)

門倉看守部長として網走監獄で働いている

のっぺら坊と土方歳三が起こした集団脱獄より以前から勤めている。

仕事のやる気はなく、負ける喧嘩はしない小心者。

新米看守の宇佐美が第七師団が送り込んだスパイと知り、犬童典獄に報告する。

宇佐美の殺害を命じられ、囚人を使うが返り討ちにあい噓の報告をして事なきを得る。

正体は旧幕府軍だった父親を持つ土方の内通者である

キラウㇱ

釧路周辺にあるコタン出身のアイヌ人

姉畑の事件で登場する。

姉畑が谷垣から盗んだ村田銃で動物を汚してまわっていたのを谷垣の犯行と勘違いし、彼をキラウㇱが捕まえる。

だが姉畑のヒグマに対する反抗を直接目にして谷垣の無実を知る。

その後釧路のニシン漁場に出稼ぎに出たところで土方に会う。

アイヌの知恵で入れ墨の脱獄囚を見つけ、その後も彼と行動を共にする。

奥山夏太郎

茨戸の日泥一味の一人

茨戸での入れ墨人皮の取り合いでは土方について攻防に参加した。

日泥組の壊滅後は土方一派に入る。

小樽の隠れ家で留守番中に東松山商店の賭場の入れ墨人皮のことを聞き、それを奪取することを企む。

情報収集の途中で入れ墨を持つ囚人の坂本と組むことになり、商店の強盗に参加する。

しかしこの入れ墨人皮は第七師団の罠で、賭場では兵士との戦いになる。

奥山は生き残り入れ墨人皮を土方に渡すが、実はそれは第七師団の偽物だった。

まとめ

  • 土方歳三は、元新選組で、入れ墨を持つ囚人の一人。土方一派のリーダー
  • 土方一派は、蝦夷共和国の再興に必要なアイヌの金塊を探すことを目的とした集団
  • 土方一派の主要キャラは、入れ墨を持つ脱獄囚が中心。脱獄囚の捜索に貢献した者や土方にほれ込んだものが多い

ゴールデンカムイをコミックスで読みたい方はこちら

公式ファンブックも発売中!



ゴールデンカムイを 電子書籍で安く買う方法も紹介しています。

ゴールデンカムイのファン必見

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です