ゴールデンカムイ|海賊房太郎の年齢やモデルは?目的や最後どうなったかについても

海賊房太郎は、野田サトル原作の『ゴールデンカムイ』に登場する人物。

網走監獄を脱獄した入れ墨囚人の一人で、強盗殺人55犯の前科を持つ荒くれ者。

自分の王国をつくるという夢のためにアイヌの埋蔵金を狙っています。

長髪が特徴で高身長の上、鯉登少尉に負けず劣らずのイケメンです。

この記事では、海賊房太郎の年齢やモデル、目的や最後どうなったかについて解説します。

ゴールデンカムイのファン必見

ゴールデンカムイ|海賊房太郎の年齢やモデルは?

豪傑の潜水囚人と称される海賊房太郎

海賊房太郎のプロフィールやモデルとなったとされる人物を解説します。

海賊房太郎の年齢や身長などプロフィール

本名は大沢房太郎

誕生日は8月13日です。

年齢は作中では書かれていませんが、SNS上では30歳前後が有力とされています。

身長が約170cmあり、腰よりも長い髪。

そして独特の眉毛と印象的な髭面の持ち主です。

足のサイズは36cmの大足で、生まれつき水かきのように広がる手を持っています。

身体の特徴を生かし、子供の頃から木材を川で運搬する人夫として働いていました。

ある日を境に房太郎は、人を水中に引き込んで溺死させ金品を奪うようになります。

その手口から監獄の看守たちから「監房の海賊」「海賊房太郎」と呼ばれるようになりました。

海賊房太郎の性格は?

豪快で、人を引き付ける魅力がある男です。

情に厚い房太郎は部下を「家臣」と呼び、皆が彼を慕っています。

夢のためなら手段を選ばない房太郎

同じ刺青人皮を持つ元脱獄囚人若山の親分が男色だと知り、刺青人皮欲しさに色仕掛けで近づいたこともあります。

海賊房太郎の能力は?

前述の通り、房太郎の足のサイズは36cm。

足裏が大きいほどキック力が大きくなる利点をいかし、かなり早く泳ぐ事ができます

そして生まれつき指の間に水かきのようなものがあり、自由自在に泳ぐことができるため、

水中であれば無敵の房太郎

房太郎の最大の強みは、水深200メートル潜れて、無呼吸で30分まで潜水できる肺活量です

同じ脱獄囚の松田平太と共に砂金のサンプルを集めるために、支笏湖に潜った経験もあります。

水中だけでなく、驚異的は肺活量を活かし火事現場でも煙を吸うことなく活動が可能。

また 船の操舵技術や車の運転技術もかなりの腕前です

海賊房太郎のモデル(元ネタ)は?

海賊房太郎のモデルとされているのは、明治時代の囚人大澤房次郎と言われています。

“海賊房次郎”という異名を持ち、プロの潜水士顔負けの潜りの名人。

体つきも海賊房太郎と同じ170センチぐらいです。

強盗の罪で15年間樺戸集治監に収監されていました。

収監当初は、反抗的であったようです。

収監中に、木材の水揚げという危険で重労働の作業に従事。

房次郎は、囚人たちに的確な指示ができ、手際の良さから「水揚げ頭」に抜擢されます。

大澤にしかできない職を与えられたことを機に改心し、樺戸が廃監されるまで模範囚でした

その後は網走監獄に移送され、刑期満了で釈放。

北海道月形町のHPにある「樺戸に名を残す囚徒列伝」にも紹介されています。

海賊房太郎の目的と最後どうなったかについても

海賊房太郎がアイヌの埋蔵金をねらうのはなぜなのか、そして房太郎の最後について解説します。

海賊房太郎と杉元たちとの出会い

房太郎は、アイヌの埋蔵金情報を得るためにアイヌ人に食料やお金を渡していました。

しかし、底をつきかける資金。

そこで、石狩川を渡る外輪式蒸気船「上川丸」に目を付けます。

「上川丸」には、郵便局員も乗船しており、現金書留や乗客の金品を奪い取る計画でした。

偶然にも杉元たちが上川丸に乗船してたことにより彼らは出会います

海賊房太郎の目的

両親と兄弟14人の大家族の中で育った房太郎ですが、自分以外の家族全員を疱瘡で亡くしてしまいます

疱瘡を患った家族で、唯一生き残った房太郎は、村の人たちから偏見をもたれ疎外されて育ちました。

子供の頃の孤独感から、死にきれないほどたくさんの大家族が欲しいと願うようになります。

網走監獄投獄時から、房太郎は、南の国の小さな島で自分の国を作って王様になることを周囲に公言していました。

「自分の国」とは、誰も自分と家族を疎外されずに帰ってこられる場所であり、故郷を作りたいという夢。

房太郎の夢を実現するために狙いをつけたのが、アイヌの埋蔵金なのです。

アシリパと杉元の関係を進展させた

杉元たちと行動を共にするにつれ杉元アシリパの関係性に気づく房太郎

房太郎杉元は、共に「疱瘡で家族を失くす」経験をしています。

そんな杉元に対して、他人を優先することではなく「自分のために生きること」を促し、金塊争奪が終わったあとの未来について助言する房太郎

アシリパに対しては、彼女の心の中を知ってか知らずか、意味深な発言をして反応を伺っています。

チョウザメを解体しているとき房太郎アシリパに、「好きな人には自分の好きなものを好きになってほしいもんねぇ」といい、アシリパの耳を赤くさせます。

また「金塊なんて忘れて故郷で杉元と家族になっちゃえ」とけしかけたり、「アシリパちゃんの想う未来に杉元佐一はいるの?」アシリパの心を揺さぶる房太郎

房太郎の2人に対する執拗な言動が起爆剤となり、杉元とアシリパはお互いの存在意義を確認するようになりました

より一層固い絆で結ばれるようになった要因になったことに違いありません。

最後どうなったかについて

杉元たちと行動するようになった房太郎

刺青囚人のジャック・ザ・リッパ―を捕まえるべく向かった札幌麦酒工場は、工場の中が火事により煙が充満している危険な状態でした。

房太郎白石の制止も聞かず、杉元アシリパ門倉を救いに建物に入っていきます。

煙で意識がもうろうとしている三人を発見。

房太郎は好機と捉え、アイヌの埋蔵金の在りかを解くカギであるアシリパだけを連れ去りました。

自分の夢である「王国」を作るためには、多額の費用が必要であり、最初から山分けすることは考えていません

房太郎は、アシリパを連れて外に出ようとしましたが、背後から鯉登少尉に切りつけられます。

危険を感じた房太郎は、アシリパをその場に置いて、麦酒の海に潜り逃げました。

油断していた鯉登少尉を麦酒の海に引き吊り込もうとするも、月島に銃で撃たれ、再度麦酒の海に逃げる房太郎

連れ出す一歩手前で、アシリパ第七師団に奪われてしまいます。

房太郎は、再会した杉元に裏切った報復を受けますが、アシリパ奪還のために再び杉元と手を組むことに。

その後、白石とともに第七師団をビール型の宣伝カーで追跡していた房太郎

実は、既に大量に出血しており、目がかすむほどの満身創痍状態でした。

第七師団の乗った蒸気ポンプ車を追跡中に銃撃をうけ、さらに重傷を負います。

菊田特務曹長の容赦ない銃弾を受けながら、すでに自分の死期を悟ったのか房太郎は代わりに運転していた白石を押しのけて、庇う形で正面から被弾。

意識がもうろうしていく中で「ずっと自分を忘れないでほしい」白石に願いを託します。

絶命する寸前に房太郎が持っていた刺青人皮とアイヌから聞いた最初の金塊の隠し場所を白石に伝え、息を引き取りました。

まとめ

  • 海賊房太郎は、「自分の国」の王様になりたかった
  • 身長は約170cm、足のサイズは36cmで年齢は30歳前後が有力
  • 生まれつき水かきのように広がる手を持ち、水中では無敵
  • 海賊房太郎のモデルは、明治時代の囚人大澤房次郎
  • 房太郎の言動は、アシリパと杉元の関係を進展させた
  • 房太郎は、自分の夢を白石に託して亡くなる

ゴールデンカムイをコミックスで読みたい方はこちら

公式ファンブックも発売中!



公式ファンブックは無料で読めます

ゴールデンカムイを 電子書籍で安く買う方法も紹介しています。

ゴールデンカムイのファン必見

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です