ゴールデンカムイ|独立勢力主要キャラまとめ一覧!不死身の杉元とアシリパについても

杉元佐一アシリパは、野田サトル原作『ゴールデンカムイ』の中心人物です。

杉元を羆から助けたことから二人は出会います。

各々の目的は違うけれど、アイヌの埋蔵金探しに奔走する二人。

そこで出会った仲間たちと共に北海道と樺太を舞台とした話です。

出会った頃の杉元アシリパと、旅を重ねるごとに二人の関係性にも変化が訪れています。

この記事では、杉元アシリパと独立勢力の主要キャラについて解説します。

ゴールデンカムイのファン必見

ゴールデンカムイ|杉元佐一(すぎもとさいち)とは?

杉元佐一のプロフィール

杉元佐一は、神奈川県の農村で生まれました。

家族全員、結核で亡くなってしまい帰る家もない、天涯孤独な男です。

大日本帝国陸軍一等卒で、白襷隊の一人として日露戦争で戦いました。

身体には無数の傷があり、顔には特徴的な大きな傷があります。

干し柿が大好物な20代の人物です。

杉元佐一の目的は?

かつて愛した人の治療費を工面しなければならず、一攫千金を得るため北海道へ渡ります

奉天会戦で戦死した親友の剣持寅次(けんもちとらじ)の妻・梅子が眼病にかかってしまいました。

梅子は、杉元と幼馴染であり、かつては相思相愛の仲でした

眼病を治すためには、渡米しなければならないのです。

そのため多額の治療費を得ること、そして親友の遺志を全うしようします。

北海道で砂金取りをしていたとき、アイヌの埋蔵金の話を聞くことになるのです。

杉元佐一の技能や性格は?

戦場で何度も生死の境をさまようことがあっても、最強の運と人並外れた精神力、驚異的な回復力で戦場を駆け巡った姿は、「不死身の杉元」と呼ばれました。

白襷隊に所属していたこともあり夜襲も経験済みで、狙撃よりも接近戦が得意です。

自分より年下であるアシリパ「アシリパさん」と呼んでいます。

普段は優しく礼儀正しい青年ですが、敵だと思ったら殺すことに躊躇はしません。

ゴールデンカムイ|アシリパとは?

アシリパのプロフィール

濃紺の瞳のアイヌの少女で、日本語とアイヌ語は話せますが、文字は書けません。

両親は他界し、祖母のフチが面倒を見ていました。

アイヌの風習で顔に入れ墨を入れる年齢ですが、嫌がっています。

裁縫はできませんが、狩猟のセンスは抜群です。

杉元が作ってくれた桜鍋を食べてから、杉元が持っていた味噌(“オソマ”と呼んでいる)が大好きになりました。

小蝶辺明日子(こちょうべあすこ)という和名を持っています。

アシリパの目的は?

羆に襲われていた杉元佐一を助けた際、アイヌの埋蔵金のことを杉元から聞き、一緒に行動するようになります。

アイヌの埋蔵金を巡りアイヌ同士で殺人事件があったと聞かされました。

それに父親がかかわっていたことを知ることになります

その真意を知るために、杉元らと旅に出ることを決めました。

アシリパの技能や性格は?

弓矢の技術は、ピカイチです

狩猟するだけでなく、いざというとき仲間を助けることができるレベルの持ち主。

羆の生態に詳しく、弱点をよく知っています。

羆の胆のうが高額で売買されることも知っていて、活用方法も熟知しています。

小動物の捕獲方法や調理方法にも長けています

使用した毒矢の効能や対処法もとても詳しいです。

戦いにおいて、人を絶対に殺さないという信念をもっています

伝統を重んじながら、変化に対応する柔軟な考えの女性です。

普段は聡明な女性ですが、お酒を飲むと感情の起伏が激しくなるのが欠点です。

独立勢力主要キャラ一覧

日露戦争において、最強の運と人並外れた精神力、驚異的な回復力で戦場を駆け巡った「不死身の杉元」

羆に襲われた杉元佐一を助けた際、アイヌの埋蔵金に父親が関わっていたことを知り、その真意を知るために、杉元ら一緒に行動するようになったアシリパ

各々の目的は違うけれど、アイヌの埋蔵金探しに奔走する二人と出会った仲間たちをまとめました。

白石由竹(しらいしよしたけ)

のっぺら坊が埋蔵金の在りかを伝えるために彫らせた入れ墨のある囚人の一人です。

関節を自由に外すことができ、類まれなる身体能力の持ち主です

収監されては脱獄する…この行為を繰り返していくうちに「脱獄王」の異名を持っています。

軽率でひょうきんな男ですが、義理人情に厚い面もあります。

その軽率さがピンチを招くこともありますが、杉元アシリパたちの役に立っている時もあります。

賭け事・女大好きで、トラブルが絶えない男です。

尾形百之助(おがたひゃくのすけ)

大日本帝国陸軍第七師団上等兵で、300メートル圏内なら正確に相手を狙撃するスナイパーです。

今の状態を見極め、どちらに付くのが得策か常に判断しています。

そのずる賢いさから「コウモリ野郎」と呼ばれています。

網走監獄で、のっぺら坊と杉元を狙撃した人物です

元第七師団長・花沢幸次郎中将の妾との間に生まれたことをきっかけに、不遇の時代を経ています。

実母、実父、異母兄弟を自ら手にかけた過去があり、全く心の内が読めない男です。

谷垣源次郎(たにがきげんじろう)

秋田県阿仁出身の歩兵第27連隊の一等卒です。

マタギの経験があり、狙撃の腕に狂いがない実力者です。

実直な性格で、アシリパの祖母フチに恩があるため、無事にアシリパをフチのもとに帰すことを果たそうとしています。

ラッコ鍋を食べ、インカラマッと男女の関係になります。

キロランケ/ユルバルス

「のっぺらぼう=ウイルク」アシリパに伝えた人物です。

アシリパの父・ウイルクの古くからの友人であり、樺太出身のロシア系アイヌ人。

元大日本帝国陸軍第七師団工兵部隊に所属していました。

日露戦争で戦った経験を持ち、火薬の使い手です。

馬の扱いもうまく、ひょんなことから競馬のレースに出場し、1着をとるほどの実力があります。

日本語のほかにロシア語など複数の言葉を話すことができます。

既婚者で、ふくよかな妻と二人の子供の父です。

キロランケと名乗る前、もう一つの名前「ユルバルス」という名でした

タタール語で「虎」という意味です。

アレクサンドル2世暗殺に関与した実行犯の一人で、未だにロシアから暗殺対象になっていました。

インカラマッ

「アシリパの同行者に危険な裏切り者がいる」と占う女。

アイヌのコタンを放浪しながら、よく当たると噂になっているアイヌ人占い師です。

シラッキカムイとよばれる狐の頭骨を使う技法の占いを得意としています。

過去にアシリパの父ウィルクと交流があったようです。

彼女なりに、アイヌの女性として奔走しています。

谷垣と行動するようになり、心通わせるような関係になっています

チカパシ

生まれてすぐに流行り病で両親が亡くなりました。

アシリパの住んでいるコタンで老人たちに育てられた男の子。

名前は「鳥(チカプ、陰茎の隠喩)+立てる(アシ)=勃起」という意味です。

猟に興味があり、猟の仕方を見せてくれた谷垣をとても慕っています

谷垣と一緒にアシリパを追うため樺太までついて行きましたが、そこで出会ったエノノカと家族となるため、樺太に残留することを決めました。

リュウ

二瓶鉄造(にへいてつぞう)が羆の狩猟犬として連れていたアイヌ犬です。

羆に立ち向かうとても勇敢な犬。

二瓶の亡き後、アシリパたちに保護され、チカパシと共に行動するようになりました

レタラ

アイヌ語で「白」意味する名前が付けられています。

白銀の毛並みの雄エゾオオカミで、アイヌ語では「ホロケウカムイ」といいます。

日本で最後のエゾオオカミとして二瓶谷垣たちに狙われていました。

幼生時、熊に襲われていたところをアシリパが保護した過去があります。

今では、アシリパが窮地になったとき現れ、護り助ける関係です

まとめ

  • 杉元佐一とアシリパは、「ゴールデンカムイ」の中心人物である。
  • 杉元とアシリパを取り巻く重要な人物たちが、アイヌの埋蔵金を巡って話が展開する。

ゴールデンカムイをコミックスで読みたい方はこちら

公式ファンブックも発売中!



ゴールデンカムイを 電子書籍で安く買う方法も紹介しています。

ゴールデンカムイのファン必見

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です