チェンソーマン|銃の悪魔の能力や強さは?誕生や最後についても

銃の悪魔は、藤本タツキ原作の人気漫画「チェンソーマン」に登場する悪魔です。

チェンソーマンの世界において、最強の一角に君臨する強い悪魔で、世界中から恐れられている銃の悪魔

銃の悪魔は、公安のデビルハンターである早川アキが復讐のために追いかけ続けています。

この記事では、銃の悪魔のプロフィールと能力などについて解説します。

チェンソーマンのファン必見!

【チェンソーマン】銃の悪魔とは?

銃の悪魔は、マキマデンジに倒してほしいとお願いした悪魔。

チェンソーマンの世界(1997年)である13年前に暴れ回ったあと、銃の悪魔は今日まで姿を消しています。

しかし、銃の悪魔によって残された傷跡は深く、その被害によって悪魔そのものに対する恐怖心が高まり、全ての悪魔が以前よりも力が強まってしまったのです。

チェンソーマン第75話より引用

銃の悪魔のプロフィール

銃の悪魔の契約者は、アメリカ合衆国大統領

銃の悪魔は、巨神兵のような見た目で、上半身は骨で覆われている部分以外は、恐怖に苛まれた人間の顔の集合体です。

両腕は銃器で形成され、下半身は弾丸ベルトをいくつか垂らしながら、優雅に飛んでいるように見えますが、肉片を散らかす程の高速移動をします。

山の連なりより大きいことから、想像を絶するようなサイズなのです。

アメリカがマキマに向けて放ったこの悪魔は、アメリカが所有する銃の悪魔の20%の肉体からできたものです

銃の悪魔の誕生について

13年前、悪魔対策で世界中が銃で儲けようとしていた頃、銃を使った内戦や事件、暴動が増えました。

どの国のメディアも活発に銃のニュースを取り上げたため、世界的に銃が怖がられるようになります。

悪魔にとっての恐怖心は力の糧であり、恐れられるほど力は高まります。

そしてアメリカで銃を使った大きなテロが起こったその日に、「銃の悪魔」は誕生します。

作中で一番人間を殺している悪魔は、銃の悪魔です

デンジ早川アキが倒すべき目標であり、5分ほど姿を現しただけで、120万弱の人間を殺しています。


銃の悪魔の肉片

銃の悪魔は、移動速度が早すぎて体が少し焦げ落ちます。

そのため、弾丸のような肉片があちこちに散らばることに。

その肉片を食べた悪魔は、銃の悪魔の影響を受け、どんな悪魔でも力が増すのです

銃の悪魔の肉片は肉片同士でくっつき、ある程度の大きさになると元の身体の場所へいって再生します。

そのため、肉片を集めて大きくすれば、いずれ「銃の悪魔」へとたどり着きます

チェンソーマン第13話より引用

銃の悪魔は、早川アキにとって家族を殺された憎むべき悪魔でした。

彼が民間に入らなかった理由は、公安だけが肉片を持つことを許されているからです。

銃の悪魔の能力と強さ

最強の一角に君臨し、世界中から恐れられている銃の悪魔。

そんな銃の悪魔の能力と強さについて解説します。

銃の悪魔の能力

銃の悪魔は、確認されているだけでも、下記のような能力があります。

  • 周囲およそ1000m内の全ての男性の頭部を銃弾で撃つ能力
  • 周囲1500m内のすべての子供(0歳~12歳)の頭部を銃弾で撃つ能力
  • 周囲およそ1キロの誕生月が1月・2月・3月・5月・6月・8月・9月・11月・12月の生物の心臓に銃弾を放つ能力

ある一帯の地区の住居やビル、電車などを破壊し、広範囲に渡りゲリラ的に銃撃の雨を降らせたり、対象となった人間や生物限定で銃撃する方法が可能です。

弾道の正確さと速さと威力がずば抜けた恐ろしい能力を持っています。

最初の来襲では、5分ほどで120万弱の人間を殺した後、姿を消します。

チェンソーマン第13話より引用

そのため、銃の悪魔を少しでも弱くするため、各国で銃所持の厳罰化が行われました

【CORE ENGINEER(コアエンジニア)】マンツーマンのオンライン完結型ITエンジニア育成スクール

銃の悪魔の強さ

銃の悪魔は、世界でもっとも恐れられてる悪魔です。

数キロ範囲にいる人間を数千、数万人単位で確実に撃ち抜きます。

前述しましたが、5分ほど各国に上陸しただけで、120万弱の命を奪いました。

雑魚悪魔でも銃の悪魔の肉片を取り込むだけで、強くなることができます

銃の悪魔の最後

銃の悪魔討伐戦に参加することになったデンジたち。

しかし、マキマから知らされた銃の悪魔の情報は、信じがたいものでした。

  • 銃の悪魔は、何者かによってすでに倒され、拘束されている
  • 本体はアメリカ(20%)、ソ連(28%)、中国(11%)、その他の国(4%)を所持
  • 残りの37%は肉片として世界中の悪魔が持つ

アメリカ大統領の決断

どの国も表向きは国際法に基づき銃の製造を厳しく取り締まっているが、実際は国が裏で作った銃を内戦しているところに流している。

裏で造った銃は都合が悪いから、銃の悪魔と契約して手に入れたことにしている。

それを機密事項にしていたのは、人々が銃の悪魔を恐れるほど、銃の悪魔の肉体を持っている国は強力になるからでした

アメリカ大統領は、国民の寿命を1年与える代わりに、銃の悪魔復活させ、マキマのもとに放ちます。

マキマの正体は支配の悪魔であり、彼女の望みである平和は、各国にとって都合の悪いものでした。

マキマを恐れさせ、力を与えてしまった罪を背負ったアメリカ大統領は覚悟を決めたのです。

チェンソーマン第75話より引用

マキマ(支配の悪魔)との戦い

アメリカ大統領によって復活した銃の悪魔は、秋田県にかほ市沖合に出現。

多数の犠牲者を伴いながら、ものすごいスピードでマキマに向け前進します。

出現から4秒後、ある山中に停止し、マキマに向けて銃撃を開始しました。

マキマ銃の悪魔は、午後3時18分21秒〜28秒という僅かな時間で戦いました。

銃弾で一度死んだものの、即座に生き返ったマキマは反撃を開始。

6名の能力(早川アキの未来の悪魔、沢渡アカネのヘビの悪魔、黒瀬コウタロウと天童ミチコの罰の悪魔、天使の悪魔、蜘蛛の悪魔)を使用します。

すると、銃の悪魔の頭上にもマキマの頭部から出て作られた輪と同じものが出現

そこから、剣を持ったバケモノが多数降りてきて、銃の悪魔は瀕死の重傷を負います。

チェンソーマン第76話より引用

しかし、銃の悪魔は、早川アキの死体に乗り移って逃げてしまったのです。

それが、銃の魔人です。


銃の魔人

早川アキが魔人になった理由は、すべてはマキマが描いたデンジを精神的に壊すための悪魔のシナリオでした

「銃の悪魔との激戦の末倒し損ね、人間の死体に乗り移って逃げてしまった。」デンジの元にマキマから電話が。

チャイムを鳴らすドアを開けると、ドアの向こうには、頭が銃になった早川アキが立っています。

左手はアサルトライフル、頭には拳銃姿の、生前の早川アキとは想像がつかない程の恐ろしい姿となって、デンジの前に現れます。

チェンソーマン第77話より引用

銃の魔人「デンジ」と言葉を発した後の、デンジの心中は辛く悲しいものでした

ドアの前に立つ幼いデンジに向かい、「デンジ、開けちゃダメだ」と声で制止するシーンは、このことだったのです。

デンジ早川アキを殺すのを躊躇しますが、市民をも巻き添えにし始めた銃の魔人デンジは殺さざるを得ませんでした。

ただ雪合戦をしていただけという描写がなんとも切ないです。

未来の悪魔が言った「最悪な死に方」は、デンジにとってという意味だったんですね

登場キャラの中で、一番銃の悪魔を憎んんでいた早川アキ

その最も憎い相手であった銃の悪魔に乗り移られ死亡する展開は、まれにみる悲劇のストーリーと言えるのではないでしょうか。


【チェンソーマン】キャラクター相関図

「チェンソーマン」は、第1部「公安編」が終了して、呪術廻戦も手掛けたMAPPA制作によるTVアニメ化も決定しました。

第1部「公安編」に登場したキャラはかなりの数になります。

わかりやすく、解説するために「チェンソーマン」に登場するキャラクターの相関図を作成しましました。

キャラクター同士の関係がひと目で確認できますよ。

<チェンソーマンキャラクター相関図>

<チェンソーマン公安敵対者キャラクター相関図>

<チェンソーマン全巻を半額で買うならAmebaマンガ>

↓↓↓ Amebaマンガの登録はこちらから ↓↓↓

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

まとめ

  • 銃の悪魔の肉片は肉片同士でくっつき、ある程度の大きさになると再生する
  • 銃の悪魔は、何者かに倒されていた
  • 支配の悪魔(マキマ)と戦わせるために、アメリカが銃の悪魔を復活させた
  • 銃の魔人は、銃の悪魔が早川アキの体に乗り移ったもの
チェンソーマンのファン必見!

「チェンソーマン」のコミックスは、1部「公安編」が11巻で完結しています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

チェンソーマン 1-11巻 新品セット

また電子書籍を定価の半額で買う事も可能です。

興味のある方はこちらの記事から

チェンソーマンの原作漫画を安く買いたいなら

非公式の考察本「チェンソーマン公安対魔特異課秘匿調書」 (COSMIC MOOK)も発売されています。

かなり詳細で興味深い内容になっています。

「チェンソーマン」ファンの方はぜひ読んでみてください。

チェンソーマン 公安対魔特異課秘匿調書 (COSMIC MOOK)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です