チェンソーマン|吉田ヒロフミの契約悪魔と能力は?最後と第二部登場についても

吉田ヒロフミは、人気漫画「チェンソーマン」に登場するキャラクター。

民間のデビルハンターで、まだ高校生です。

蛸の悪魔と契約していて、攻撃、防御、サポートなど色々とこなします。

この記事では、吉田ヒロフミのプロフィールや能力などについて解説します。

チェンソーマンのファン必見!

【チェンソーマン】吉田ヒロフミとは?

吉田ヒロフミは民間の高校生デビルハンター。

吉田ヒロフミのプロフィール

  • 職業:デビルハンター(高校生)
  • 所属:民間
  • 主な武器:蛸の悪魔の力、短刀、素手での格闘術
  • 契約悪魔:蛸の悪魔
  • 特徴:光のない黒目、左耳の大量のピアス

初登場は7巻55話「レッツゴー」

名前だけの登場なら、7巻53話「夢の中」。

各国から集まる刺客からデンジを守るために、護衛の名目でマキマによって招集されました。

公安と比べて危険が少なく、強い悪魔と戦うことがない民間のデビルハンター。

吉田ヒロフミは、民間所属でありながら、公安のデビルハンターと比べても圧倒的に戦闘力が高いのです


気さくな性格の高校生

護衛という名目で招集された吉田ヒロフミ

護衛自体はきっちりこなしていたものの、同時に招集された日下部玉置と違い、デンジ「仲良くしようぜ」と気さくに挨拶していた。

チェンソーマン第55話より引用

護衛の途中で敵にビルから落とされ戦線離脱した時、同じく落とされた4課の隊長である岸辺と会話する描写がありました。

民間と公安の隊長では接点などほとんど無いのでしょうが、丁寧な口調でありつつも気さくに話していました。

この時の岸辺の発言で吉田ヒロフミが高校生であると判明します

高校生だと分かっていながらたばこを勧める岸辺に対して「バカですかあんたは」と断っていた様子からも、目上の人に対する冗談の返し方も心得ているようです。

契約悪魔と能力について

まだ高校生で、民間のデビルハンターとは思えない能力を持つ吉田ヒロフミ

その能力の高さが随所にうかがえました。

吉田ヒロフミの契約悪魔

吉田ヒロフミは蛸の悪魔と契約しています

  • 蛸の柔軟な身体を活かし、受け身をとる際のクッションにする
  • 墨を吐いて目くらましにする
  • 同時に何本も生やして敵をなぎ払う
  • 足を並べて椅子の代わりにする
  • 足を命綱にする

墨を吐く際も、頭部が出てくることはなく、作中では足だけの登場でした。

蛸なので足は8本あるはずですが、同時に描写されていたのは最大で6本でした。

チェンソーマン第61話より引用

ビルの外に落とされた後、「人形の悪魔」によって人形化されてしまった人々に襲われます。

その時は指示を出している描写が無く、岸辺と会話をしていました。

3本の足を重ねて椅子の代わりにしたり、自動で人形の大群をなぎ払ってくれたりと、中々友好的な悪魔なのかもしれません。

悪魔との契約では、力を借りる代わりに代償として身体の一部などを差し出さなくてはいけません

しかし、特に目立った身体の欠損がある訳でもないので、その内再生する皮膚や、髪の毛などを代償にしているのかもしれませんね。

吉田ヒロフミの能力

吉田ヒロフミは、マキマに招集された際、他二人と合わせて「対人護衛のエキスパート」として紹介されていました。

同時に招集さた日下部玉置は、戦闘面で目立った活躍はありませんでしたが、吉田ヒロフミだけは別格の格闘術を見せます。

このデンジ護衛作戦には、各国から強力な刺客が送り込まれていました。

その中でも特に強力なのが中国の「クァンシ」です。

それまで負けなしだった岸辺に「全人類が集まって素手で殴り合う競技があったなら一位がクァンシだ」と言わしめるほど格闘能力が高いクァンシ

他の護衛メンバーを一撃で気絶させ、岸辺との攻防もあっさり制しています。

岸辺以外のメンバーが気絶させられる中、吉田ヒロフミだけは初撃を受けきり、反撃に出ています。

それでも一度は追い込まれますが、割とすぐに立ち上がり、「リベンジいいか?」と宣言。

岸辺ですらまともに攻撃を当てられなかったクァンシに、一撃入れることに成功します。

チェンソーマン第62話より引用

「まともに受けたら死ぬな。人間に威力じゃないだろキミィ」と言いつつ、鼻血程度で済んでいるので、攻撃を受け流すことも出来るようです。

最終的にビルから落とされてしまいましたが、蛸の悪魔に助けて貰い、事なきを得ました。

同じく落とされた岸辺との会話で、自身を3流だと評価していましたが、岸辺「なら俺は4流になっちまうぞ」と返しています。

それに対して「1流も老いには勝てないでしょう」と返す吉田ヒロフミ

この会話からも、全盛期の岸辺>吉田ヒロフミ>今の岸辺という力関係が伺えます。

歳をとったとはいえ、自他共に認める最強のデビルハンターよりも強い可能性があるというのはとんでもないことです。

まだ高校生ながらこの戦闘力は今後に期待が高まりますね。

吉田ヒロフミの最後

「チェンソーマン」という作品は、登場人物があっさりと死ぬパターンが多いですが、吉田ヒロフミは死んでいません

このデンジ護衛作戦では、「人形の悪魔」によって地獄に落とされ、そこで「闇の悪魔」によってほとんどの味方が殺されました

地獄に落とされたのは、ビルの中にいた人間全員だったので、クァンシによって外へ落とされた吉田ヒロフミは無事でした。

ぽっと出のキャラ、護衛、という死亡フラグを回避し、生き残った吉田ヒロフミ

デンジ護衛作戦後の動向は分かりませんが、期末テストを控えているとの事だったので、デビルハンターと並行してちゃんと学業もこなしているようです。

吉田ヒロフミの第二部登場について

最終回で、デンジ(チェンソーマン)は、現在高校生という噂が!

チェンソーマン第2部は「高校生編」と匂わすラストでした

チェンソーマン第97話より引用

吉田ヒロフミは、次から次へと登場人物が死んでいく「チェンソーマン」で死ななかった貴重なキャラクター。

同じく高校生である吉田ヒロフミの第二部登場の可能性は高いと推察します。

登場回数が増えるとその分死ぬ可能性が増えるので、活躍はしても死なないでほしいですね。

【チェンソーマン】キャラクター相関図

「チェンソーマン」は、第1部「公安編」が終了して、呪術廻戦も手掛けたMAPPA制作によるTVアニメ化も決定しました。

第1部「公安編」に登場したキャラはかなりの数になります。

わかりやすく、解説するために「チェンソーマン」に登場するキャラクターの相関図を作成しましました。

キャラクター同士の関係がひと目で確認できますよ。

<チェンソーマンキャラクター相関図>

<チェンソーマン公安敵対者キャラクター相関図>

チェンソーマン全巻を
半額で買うならAmebaマンガ

↓↓↓ Amebaマンガの登録はこちらから ↓↓↓

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

まとめ

  • 吉田ヒロフミは、民間の高校生デビルハンター
  • 吉田ヒロフミは、気さくな性格で、とっつきやすい好青年
  • 吉田ヒロフミは、蛸の悪魔と契約していて、関係は良好(?)
  • 吉田ヒロフミは、恐らく今の岸辺よりも強く、人間の味方では最強かもしれない
  • 吉田ヒロフミは、高校生なので、2部以降の活躍に期待
チェンソーマンのファン必見!

「チェンソーマン」のコミックスは、1部「公安編」が11巻で完結しています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

チェンソーマン 1-11巻 新品セット

また電子書籍を定価の半額で買う事も可能です。

興味のある方はこちらの記事から

チェンソーマンの原作漫画を安く買いたいなら

非公式の考察本「チェンソーマン公安対魔特異課秘匿調書」 (COSMIC MOOK)も発売されています。

かなり詳細で興味深い内容になっています。

「チェンソーマン」ファンの方はぜひ読んでみてください。

チェンソーマン 公安対魔特異課秘匿調書 (COSMIC MOOK)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【CORE ENGINEER(コアエンジニア)】マンツーマンのオンライン完結型ITエンジニア育成スクール

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です