ゴールデンカムイ|谷垣源次郎の目的は?インカラマッとの出会いと子供(娘)についても

谷垣源次郎は、野田サトル原作の『ゴールデンカムイ』に登場する人物。

帝国陸軍北海道第七師団に所属していました。

鶴見中尉の指示の下、杉元アシリパを追うのが役目。

そんな折二瓶鉄蔵と出会い、エゾオオカミに遭遇したことによって今まで封印していたマタギの心を取り戻します。

またアイヌの女占い師インカラマッと道内を一緒に旅をするなかで、お互い惹かれあう関係になっていきました。

この記事では、谷垣源次郎の目的や能力、またインカラマッとの出会いと子供(娘)について解説します。

ゴールデンカムイのファン必見

ゴールデンカムイ|谷垣源次郎とは?

ゴールデンカムイに登場する人物の中でも魅力的なキャラクターの一人である谷垣源次郎

彼の目的や技術、能力について解説します。

谷垣源次郎のプロフィール

帝国陸軍北海道第七師団歩兵27聯隊に所属。

任務には忠実に従い、とてもまじめで義理堅い。

秋田県阿仁出身のマタギで、恩を受けっとったら恩で返す男です。

谷垣源次郎の目的と役割

ある日、賢吉に嫁いだ妹ふみの家が全焼。

焼死したふみの胸には刺し傷があり、遺体のそばには、賢吉の「マヌケ」(小刀)が落ちていました

義弟の賢吉の姿は、どこにもありません。

賢吉の犯行と断定した谷垣は、必死に探し回りましたが見つかりませんでした。

ある日、賢吉が北海道の第七師団に入隊したという噂を聞き、両親の反対を押し切り、マタギを捨て第七師団に入隊

しかし、屯田兵村が多く点在していたので、なかなか賢吉を見つけることができません。

出征間近には、兄から母の訃報を知らされ、さらに賢吉に対する憎悪が増す谷垣

ついに、旅順で白襷隊の生き残り(杉元)から賢吉の情報を得るのでした。

東京に逃げていた賢吉は、東京第一師団に入隊して、日露戦争・二〇三高地で戦っていました。

あまりに激しい戦況で、とても探す余裕などない中、谷垣の目前で爆弾を抱えた捨て身のロシア兵に突進したのが賢吉でした。

谷垣は、瀕死の状態の賢吉から真実を知ることになります。

フミは疱瘡に罹患し、家族に感染することを恐れて夫・賢吉に自分を殺すよう頼んだのでした

賢吉に復讐したい一心で故郷もマタギも捨てて第七師団に入隊した谷垣

これまでの自分の行動が無意味だったことに思い悩み、目的を見失います

どうすることなく軍にとどまっていた谷垣ですが、杉元アシリパと出会い、世話になったアシリパの祖母フチへの恩返しの意味でも、アシリパを無事にフチのもとに帰すことが自分のやるべき役目だと悟るのでした。

タフな肉体とマタギの技術

谷垣は、マタギ出身ということもあり、筋肉隆々。

ワイシャツのボタンがはじけ飛ぶほど胸板が厚く胸毛が多い

ある時、アシリパを追っていたところ、エゾオオカミのレタラに遭遇し、右足を骨折する重傷を負いました。

生き倒れていたところを伝説の熊撃ち二瓶鉄蔵に助けられたことで、共にエゾオオカミを仕留めたいと思うようになります。

二瓶から羆撃ちの極意を学び、故郷にかえってマタギに戻ることを勧められた谷垣は、軍を抜けマタギに戻ることを決意することになるのです。

さて、元々マタギだった谷垣は、銃の扱いや山に対する知識が豊富です

表にまとめてみました。

村田銃 谷垣は三十年式歩兵銃を使用していますが、二瓶鉄蔵が使用していた村田銃も使いこなせる技術をもっています

村田銃は連発できない単発銃なので、獲物を逃すことが許されない一発勝負の銃です。

村田銃は、二瓶の生き方を表していて、谷垣もその生き方に感化されます。

猛吹雪に対する知識 杉元たちと樺太で犬ぞりで走行中、猛吹雪で視界が遮られ身動きが取れなくなりました。

猛吹雪の中では、お互いに声を掛け合ってもはぐれてしまうほど方向感覚がくるってしまいます。

吹雪が収まるまで、その場にとどまることが賢明

そして、持参していたカネ餅杉元チカパシに与えて、体力を温存させました。

暖をとる知恵 マタギの経験から一度火をつけた木材に土をかぶせ土の中でゆっくり火が燃え続けるようにしました

この上で少しでも横になれば暖がとれることも熟知しています。

杉元やアシリパとの出会い

鶴見中尉の命令で、玉井伍長らと共に尾形上等兵を襲った犯人を捜索する谷垣

山頂からスキーで杉元たちを追いかけました。

谷垣アシリパを追い、他の三人は杉元を追います。

入れ墨人皮を杉元から預かっていたアシリパは、谷垣の前で、隠していた人皮を落としてしまい、危うくつかまりそうに。

その時、エゾオオカミのレタㇻがアシリパを助けに現れ、谷垣は右足を噛まれて折られてしまいました。

さらにレタㇻが首を噛みつこうとした寸前、アシリパが止めたのです。

頑丈そうな身体をしている上、足が折れているため追いかけることはできないと判断したアシリパは、谷垣をそのまま放置。

これが谷垣杉元アシリパの出会いです。

インカラマッとの出会いと子供(娘)についても

谷垣アシリパの祖母フチのコタンで療養していた時、アイヌの女占い師インカラマッがやってきました。

最初はインカラマッを疑っていた谷垣でしたが、道内を一緒に旅をするなかで、お互い惹かれあう関係になった2人。

そんな二人の出会いと娘について解説します。

谷垣とインカラマッの出会いは?

オソマの父と谷垣が銃を買いに銃砲店へ行くと、青い目をしたアイヌの娘が住んでいる村を聞いて回っている女性がいると店主が言います。

ある日コタンに、人だかりができていました。

チカパシが言うには、占いがよく当たる女性がいるというのです。

インカラマッという女性で、谷垣のことを占うと申し出ましたが、谷垣は断りました。

しかし「妹さんをなくしたのではないですか?」と当てられてしまいます。

インカラマッは、アシリパを探していました。

「アシリパと一緒にいる三人のニシパの中にアシリパを裏切る人物がいる。」というのです。

それを聞いたフチは、アシリパと二度と会えないのではないかとふさぎ込んでいるようでした。

自分の役割を模索していた谷垣が、アシリパフチのもとに帰すことを自分の役目とするきっかけになったわけです。

なぜかインカラマッと共にアシリパを探しに行くことになるのですが、この出会いは偶然ではなく、インカラマッ鶴見中尉と繋がっていたのです。

谷垣とインカラマッが情交した経緯

最初はインカラマッを信用しきれなかった谷垣ですが、アシリパから「おまえら結婚しろ」と言われるほど距離が縮まっていました。

釧路町でアイヌの漁師からラッコの肉をもらった時は、夫婦と間違われた2人。

ラッコの肉は必ずふたりで食べるようにと言われましたが、谷垣はアイヌ語が分かりません。

そして、インカラマッもまた谷垣にその意味を伝えなかったのです。

トノサマバッタの襲来で小屋に避難した杉元白石谷垣尾形キロランケは、飛蝗(ひこう)が過ぎ去るのを待つ間、谷垣がもっていたラッコの肉を鍋にして食べました。

ラッコの独特のにおいが男たちの欲情を刺激し、むらむらした感情を抑えるためにふんどし一丁で相撲を取るも妙な雰囲気に。

男たちが谷垣を残して小屋を出ていった後、寝ている谷垣インカラマッが覆いかぶさります。

アイヌでは、ラッコの肉を食べると欲情すると信じられています。

インカラマッはラッコ肉を食べていませんが、お互い惹かれ合っていた2人はそのまま情交におよびました

谷垣とインカラマッの娘についても

鶴見中尉の人質状態にあるインカラマッ

身ごもっているインカラマッに会いたい谷垣

谷垣は、インカラマッと一緒に逃げることを決意しました

脱出しようとする2人は、月島に殺されそうになりますが、家永カノが命がけで月島を引き留めます。

家永は、妊婦のインカラマッを見て亡き母の妊婦姿を思い出し、出産の手伝を申し出るほどの仲になっていたのです。

逃げる途中破水しながら小樽のアシリパの祖母フチの家にたどり着くも、執拗な月島が追いつき絶体絶命。

しかし、追いついてきた鯉登少尉月島を説得します。

その後、オソマの母が出産を仕切り、谷垣月島鯉登少尉インカラマッの出産に協力。

インカラマッは無事女の子を出産したのでした

まとめ

  • 谷垣は、マタギ出身で山の事や動物の生態に詳しい男で筋肉隆々の体型
  • 谷垣は、アシリパをフチの元に無事に帰すことを使命としている
  • 谷垣は、インカラマッとの間に女の子を授かる

ゴールデンカムイをコミックスで読みたい方はこちら

公式ファンブックも発売中!



ゴールデンカムイを 電子書籍で安く買う方法も紹介しています。

ゴールデンカムイのファン必見

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です