ゴールデンカムイ|キロランケの正体やモデルは?ウイルク殺し目的と最後について

キロランケ(ユルバルス)は、野田サトル原作の『ゴールデンカムイ』に登場する人物。

アシリパの父である、のっぺらぼうことウイルクの友人で、タタール族と樺太アイヌの血を引いている。

ウイルクとともに、北海道にわたり、アイヌとして静かに暮らしていたが、金塊争奪戦を見届けるために、杉元アシリパ一行と行動をともにする。

じつはロシア帝国に反旗を翻すパルチザンであり、テロリスト。

北海道アイヌとして暮らし、アシリパを授かったことで変化したウイルクを謀殺する。

この記事では、キロランケの正体やモデル、ウイルクを殺した目的について解説しています。

ゴールデンカムイのファン必見

ゴールデンカムイ|キロランケ/ユルバルスの正体やモデルは?

北海道内だけでなく樺太・ロシアなど、極東まで広がりを見せる本作のキーパーソンといえるのがキロランケである。

ここでは、キロランケの人物や性格、能力、正体、そして「ユルバルス」の意味を解説していきます。

キロランケとは?誕生日と年齢についても

耳飾りと顎ひげが印象的な、アイヌの色男。

1866年8月2日生まれ、初登場時はおそらく41歳

ロシアの極東・アムール川流域の遊牧民族タタール族出身で、馬とともに育った。

曾祖母が樺太アイヌであったため、アイヌの血を引き、ロシア極東の少数民族の暮らしや習俗にくわしい。

20代のころ、アシリパの父・ウイルクとともに樺太から北海道へ渡り、それ以来北海道アイヌとして生活していた。

ウイルクがアイヌの金塊を奪ったことに、同じ国から来たものとして責任を感じ、最後まで見届けたいと発言。

のっぺらぼうがウイルクであるのかを確かめるために、杉元・アシリパ一行と共に、網走監獄を目指す。

網走監獄で尾形に指示して狙撃させ、ウイルクを殺害させたあと、アシリパ、尾形、白石を連れて樺太へ脱出

ウイルクの思い出話をアシリパに聞かせながら北上し、亜港監獄に収監されているソフィアとの接触を目指す。

ユルバルスの意味は?

ユルバルスはキロランケの本名

タタール語での意味である。

アムール地方に生息する、アムール虎から命名されたと推測される

キロランケの性格は?

快活で人当たりの良い性格である。

肉よりも魚、とくに川魚が好きで、馬肉は絶対食べない

好みのタイプはふくよかな女性

マメで面倒見がよいが、その反面、樺太アイヌをはじめとした少数民族の独立に関しては、譲れない部分を持つ。

後述するウイルクとの関係では、北海道アイヌとして暮らすうちに、変節したと見て袂を分かつなど、革命の闘士として冷徹な面も見せる。

白石曰く、「真面目すぎる男」

キロランケの能力は?

火薬や爆弾の扱いに長けている

日露戦争では陸軍第七師団に所属し従軍

工作兵もつとめていたため、即席の手投げ弾を大量に作ったりなどもお手の物。

マッチの原理を応用した爆発物を、罠に仕掛けたりなども即席で行う。

遊牧民タタール族の出身のため、馬の扱いが巧み

馬にくわしいため、日露戦争に従軍したときも、工兵部隊の馬の世話を任されていた。

苫小牧の競馬場でも、飛び入りで替え玉の騎手をつとめ、優勝するほどの腕前。

巨大魚イトウをしとめたり、溺れかかっていた谷垣インカラマッを救うなど、水のなかでの行動にも慣れている

キロランケの正体は?

その正体は、極東の少数民族のシア帝国からの独立をめざす、パルチザンのメンバーであった。

ロシア皇帝アレクサンドル2世の暗殺実行犯であり、指名手配されている

15歳のときに、ウイルクとともに皇帝暗殺を実行したのち、ロシア国内を10年間潜伏。

その間、ウラジオストクで写真館を経営していた長谷川より、日本語を学ぶ。

金塊の情報を得て、独立運動の活動資金とするために、ウイルクとともに北海道に渡った

キロランケの出身であるタタール族は、現在の中央アジアに広く居住している民族である。

16世紀ころまで隆盛をほこっていたが、徐々にロシア帝国の勢力に脅かされるようになった。

「なんとかしないと、俺たちは大国に飲み込まれてしまう」と、網走監獄でインカラマッに吐露したように、極東に住む人々の文化を守ることに、切実な想いを抱いている

キロランケのモデルは?

キロランケのモデルは、ロシア皇帝アレクサンドル2世の暗殺犯であった『人民の意志』の実行メンバーであると思われる。

史実では、冬宮殿に移動するアレクサンドル2世を、リーダーであったソフィア・ペロフスカヤ率いる「人民の意志」メンバーが襲撃。

実行メンバーは、肉屋の配達夫であった14歳の少年ニコライ・ザハロフ、爆弾を投げつけ致命傷を与えたイグナツィ・フリニェヴィエツキ

爆弾を詰めたブリーフケースを持って群衆の中で控えていたイワン・イェメリアノフなどがいた。

ニコライ・ザハロフイグナツィ・フリニェヴィエツキの両名は、爆発に巻き込まれ命を落とす。

作品中では、襲撃当時、15歳であったキロランケが、皇帝に向けてブリーフケースを投げつけるが狙いが外れてしまう。

それをウイルクが再度投げつけ、顔に傷を負いながらも、皇帝暗殺を成し遂げた。

ウイルクを殺した目的についても

キロランケにとって、少数民族独立運動をめざした同志であり、10代からともに行動し、家族のように愛していたウイルク

ここでは、なぜキロランケはウイルクを殺したのか、もう一人の革命の同志ソフィアとの関係について解説します。

なぜウイルクを殺したのか?

前述したように、ウイルクが北海道アイヌとして暮らし、アシリパを授かったせいで、変節したと考えたからである

金塊の情報を得ることを目的に、北海道アイヌの生活になじむため、ウイルクは結婚し、アシリパが生まれる。

アムール川流域、樺太、北海道を含めた少数民族国家、すなわち極東連邦の樹立が、ソフィアとキロランケの悲願であった

しかし、ウイルクは、海に囲まれた北海道だけを独立させ、守りを固めたほうがよいと考えを変えていた。

それを知ったキロランケは、ロシアで待つソフィアへの想いゆえに激昂。

また、決裂した自分を殺さなかったことからも、ウイルクの変節を確信する。

「ウイルクは、群れの中の弱くなった狼だ。」

「かつてのウイルクが憧れていたはずの狼のやり方で、ウィルクを殺してあげた」

そう考えたために、網走監獄でウイルクの生存を確認したのち、尾形に狙撃させ、ウイルクを謀殺した

ソフィアとの関係は?

15歳で帝政ロシアのパルチザンに参加したときからの憧れの存在であり、かけがえのない同志で、ソフィアからも、弟のように可愛がられていた

ソフィアはロシア帝国の富裕層の出身で、勇気と教養を兼ね備えた、パルチザンの指導者であった。

ウラジオストクで別れてからも、彼女の存在が心の支えであった。

北海道アイヌの生活に溶け込みながらも、前述したような極東連邦樹立の志を忘れることはなかった。

亜港監獄を襲撃した際、別人のようにふくよかに、逞しくなったソフィアと再会。

「めちゃくちゃいい女になった」と評しているので、異性に対する恋愛感情であったかは定かではないが、人生で最も大切な存在だったことは確かである

キロランケの最後とアシリパの成長

樺太の亜港監獄からソフィアとともに脱出したのち、キロランケは、アシリパの成長をみとどけ、最後を迎える。

ここでは、キロランケの最後とアシリパの成長に与えた影響について解説します。

キロランケの最後

亜港監獄から脱出したソフィアと落ち合い、ニヴフの猟師のふりをして、流氷を渡って逃走するアシリパ一行。

キロランケは、一行とはぐれたタイミングで、谷垣と遭遇。

インカラマッを傷つけた自身のマキリ(小刀)で腹部を刺され重傷を負うも、谷垣を氷塊で殴りつけ、逃走を図る。

鯉登少尉月島軍曹に血痕を追跡されるが、爆弾をしかけ、月島軍曹にも深い傷を負わせる。

しかし、月島軍曹の負傷に激昂した鯉登少尉の攻撃を受け、頸部に致命傷を負う。

さらに谷垣月島軍曹からも銃弾をあびせられたキロランケは、手投げ弾を投げつけたが、鯉登少尉に一閃される。

そして、谷垣がとどめを刺そうとした刹那、アシリパが駆けつけた。

今わの際に、アシリパからすべて思い出したことを知らされ安堵したキロランケ

アシリパ「『俺たち』のために・・ソフィアと・・」と言い残し、ソフィアを思い浮かべ、「ソフィア・・!」といいながら息を引き取った。

アシリパの成長に与えた影響

キロランケは、樺太の旅において、樺太アイヌだけでなく、ニヴフ、ウィルタなどの少数民族が存在すること、北海道アイヌと近しいが、似て非なる独自の文化をもっていることを、アシリパに教えた。

とくに、キロランケの死後は、昔ながらの道具が使われなくなることに対して、「どうやったら残せるだろう」と考え始めたり、アイヌの昔話を活動写真に残そうとしたりなどアシリパの成長が見て取れる

その結果として、鶴見中尉一派と決別し、自分を戦いから遠ざけようとする杉元アシリパは一喝。

アシリパは、独自で金塊を見つけることを決断する

まとめ

  • タタール族と樺太アイヌの血を引く、アシリパの父・ウイルクの古くからの友人
  • 火薬や爆弾の扱いが得意で、日露戦争時は工兵として従軍していた
  • 馬が好きで、馬術にもたけている
  • 実は極東の少数民族のロシア帝国からの独立を目指すパルチザンで、皇帝暗殺の実行犯
  • 北海道アイヌとして暮らすうちにウイルクが変わったとして、網走監獄で謀殺する
  • パルチザンのリーダーのソフィアが憧れの存在で、心の支えであった

ゴールデンカムイをコミックスで読みたい方はこちら

公式ファンブックも発売中!



ゴールデンカムイを 電子書籍で安く買う方法も紹介しています。

ゴールデンカムイのファン必見

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です