ナウシカの身代わりになったペジテの女の子は誰でなぜ逃したの?ラステルを看取ったから?

宮崎駿監督の不朽の名作「風の谷のナウシカ」が12月25日の金曜ロードショーで放映されます。

これから先、我々がいかに生きていくべきかを問いかける今の世の中に最もふさわしい作品です。

この記事では、ナウシカの身代わりになったペジテの少女ラステルの関係について解説しています。

スタジオジブリのファン必見!

ナウシカの身代わりになった少女は誰?

ペジテ軍に歯向かって囚われの身になったナウシカをラステルとアスベルの母が逃がすシーンがあります。

その時、ペジテの少女をナウシカの身代わりにするわけですが、あの少女は誰なんでしょうか?

なぜ少女は身代わりになったのか

食料を与えるふりをして、牢屋に入ったラステルとアスベルの母は

「アスベルからみんな聞きました」とナウシカに伝えます。

アスベルからナウシカが囚われるに至った理由を聞いたのでしょう。

「ほんとにごめんなさい」

「わたしたちのしたことは、みんな間違いです」

このように、母はペジテの犯した罪を恥じてました。

しかし、アスベルの意見が通らなかったように、王族にはペジテ軍を動かすほどの力はないのでしょう。

しかも力のない女子供では、力づくでナウシカを助ける事はできません。

そのため、少女を身代わりにして、ナウシカを逃すことを思いついたのでしょう。

ペジテ軍の番人を欺いたわけです。

少女は王族だと考える理由

それでは、少女の正体は誰なのでしょうか?

残念ながら、映画では明らかにされていません。

ただ、

  • 気品のある顔立ち
  • 「わたしが身代わりになるから早くこれを」「早く!」といった話し方
  • 身代わりになるというのに全く動じていない芯の強さ

以上のことから、平民でないことは間違いないでしょう。

王族、しかもかなり上位の王族ではないでしょうか。

もしかするとラステルとアスベルの姉か妹という可能性もありますね。

 

ラステルを看取ったから逃したのか?

では、ラステルとアスベルの母は、前述の理由だけでナウシカを逃したのでしょうか?

それだけではないと筆者は考えます。

それを知るために、まずナウシカとラステルの出会いが重要になります。

ナウシカとラステルの出会い

映画の序盤で、ナウシカは風の谷に不時着して大破したトルメキアのコルベットから

ペジテの王女ラステルを救い出します。

しかしながら、ラステルはまもなく息を引き取ります。

ラステルの胸元を開いたナウシカが「あっ!」とおもわず口にしたように

ラステルはすでに致命傷を負っていたのでしょう。

ラステルは、息を引き取る前に、積荷を燃やすようナウシカに最後のお願いをします。

ここで、

  • なぜラステルはトルメキアのコルベットに乗っていたのか?
  • ナウシカに燃やすよう頼んだ積荷とはなんなのか?

という疑問がありますよね。

これは、ペジテ軍が地下から掘り出した巨神兵をトルメキア軍が強奪に行き、

巨神兵だけでなく、巨神兵を復活させる鍵となるラステルを人質にしていたのではないでしょうか?

原作では、ラステルは、巨神兵を復活させるための石を持っていたので可能性は高いと思います。

ラステルは、巨神兵を復活させることに反対だったのでしょう。

ナウシカは「積荷ね。わかった。大丈夫、みんな燃えたわ」と言ってラステルを安心させます。

「よかった…」と安心してラステルは息を引き取るわけですが、

結果的に巨神兵は燃えていませんでしたね。

ラステルの意思をナウシカに託した

前述したとおり、ラステルとアスベルの母は

「アスベルからみんな聞きました」とナウシカに伝えています。

アスベルは、ナウシカがラステルを看取ったことを知っていましたから、

そのことは母にも伝わったのでしょう。

年格好も似ていて、心優しいナウシカがラステルと重なったのか、

「母さま…」とつぶやいたナウシカを抱きしめます。

とても良いシーンでしたね。

ラステルとアスベルの母がナウシカを逃した理由は、

巨神兵の復活を望まない、つまり争いを望まないラステルの最後を看取ってくれたのが、

ラステルと同じ考えを持つナウシカだったということで、

ナウシカにラステルの意思を託したのではないでしょうか。

以上のように筆者は推察します。

スタジオジブリ作品を無料で視聴したい方はこちら

まとめ

  • ラステルとアスベルの母は、番人を欺くために身代わりを使った
  • 身代わりになったペジテの少女は、おそらく地位の高い王族
  • ラステルとアスベルの母は、ラステルの意思を同じ考えのナウシカに託したかった

このシーンは、原作においても映画においても非常に重要な部分でしたね。

ラステルが息を引き取る場面も原作と映画では少し設定が違います。

興味のある方は、ぜひ原作を読んでみてください。


風の谷のナウシカ 全7巻箱入りセット「トルメキア戦役バージョン」

スタジオジブリ関連記事一覧

最後まで読んでいただきありがとうございました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です