終末のワルキューレ|アダムの武器と能力は?ゼウスとの死闘と最後についても

アダムは、原作・梅村真也、作画・アジチカ、構成・フクイタクミ「終末のワルキューレ」の主要キャラクターです。

人類滅亡を決めた神々と、それを覆そうとする戦乙女によって選出された人類の英傑達によるタイマンに出場する全人類の父。

この葉一枚の姿をしているが、神の技を模倣する神虚視(かみうつし)と言う凄い能力を持っています。

この記事では、アダムの武器や能力、過去やゼウスとの死闘について解説しています。

終末のワルキューレファンの方必見!

【終末のワルキューレ】アダムとは?

アダムは、本作の主要キャラクターで、全人類の父。

アダムのプロフィール

  • 性別:男性
  • 出身:エデンの園
  • 異名:全人類の父
  • 家族:イヴ(妻)、カイン、アベル(息子)

アダムが楽園を去った過去について

アダムは妻のイヴのために一緒にエデンの園を去った過去があります。

アダムはエデンの園で平和に暮らしていました。

その頃、妻のイヴは蛇神から告発され、善悪の実(リンゴ)を食ったと言う罪で裁判にかけられていました。

しかし、それは全くの濡れ衣。

イヴを我がモノにしようとして拒まれた蛇神の逆恨みだったのです。

終末のワルキューレ第10話より引用

イヴは否定するも、全権力を神が握る楽園では、人間が有罪になる確率は99.99999%。

イヴに下された審判は「楽園追放」。

アダムと離れ離れになってしまうと嘆くイヴ

その時、アダムが大量の善悪の実(リンゴ)が入った籠を持って現れました。

そして、りんごを次々と口にするとイヴに手を差し伸べ言うのでした。

「君が行くなら俺も行く」

激高した蛇神アダムが返り討ち。

こうして、アダムとイヴは楽園をあとにして、地上へと去ったのです。

終末のワルキューレ第10話より引用

アダムの武器と能力は?

アダムには、神器錬成(ヴェルンド)した武器と神によって生み出された存在だからこそ得ることができた能力があります。

それぞれについて解説します。

アダムの武器・メリケンサック

アダムの武器はメリケンサックです。

己の拳だけで戦うアダムにはうってつけの武器と言えます。

戦乙女(ワルキューレ)四女・レギンレイヴ神器錬成(ヴェルンド)したメリケンサックを身に着けたアダム。

終末のワルキューレ第8話より引用

「へぇ…こいつは良いや」と満足気でした。

アダムの能力・神虚視(かみうつし)

アダムの能力は神虚視です。

この能力は神の能力をそのまま模倣して繰り出す事を可能にします。

アダム元々神によって生み出された存在なので、それが可能なのです。(第2巻第9話)

ゼウスが繰り出した黄昏流星群(メテオジャブ)神の斧をそのまんま返してクリーンヒットさせました。

終末のワルキューレ第9話より引用

ブリュンヒルデ曰く、”神の驕り高ぶりをそのまんまクソぶち返す”のがアダムの力。

これには、ゼウスアダムの力を認めざるを得ませんでした。

しかし、使う度に神経回路にかなりの負担をかけてしまうため、連続で使うとオーバーヒートする欠点があります。

ゼウスとの死闘とアダムの最後

ラグナロク2試合目で、アダムゼウスと死闘を繰り広げました。

壮絶な闘いの試合内容と結果について解説します。

華麗なる模倣

試合開始早々、ゼウスは猛攻を仕掛けます。

亜高速ジャブから黄昏流星群(メテオジャブ)

しかし、涼しげに交わすアダム

さらにゼウスは神の斧を繰り出しますが、アダムはジャンプ一番かわしてしましました。

すると、驚いたことにアダムは、ゼウスが繰り出した黄昏流星群(メテオジャブ)神の斧をそのまんま返してクリーンヒットさせました。

前述したアダムの能力である神虚視(かみうつし)です。

まさか自分の技を模倣されているとは、思わなかったゼウス

「ごめんねおじいちゃん」と同情され、ブチギレてしまいます。

父・クロノスから引き継いだ時を超える拳を繰り出しますが、アダムはそれもまた模倣。

ゼウスを完膚無きまでにダウンさせてしまいました。

終末のワルキューレ第9話より引用

それでも立ち上がったゼウスから、なぜ神々との闘いに出てきたと問われたアダム

「子供たち(人類)を守るのに理由なんているかい?」

その言葉に人類は歓喜。

アダムは会場をも飲み込んだのでした。

アダムの最後

圧倒的にアダムが有利な状況で、ついにゼウスは最終形態”阿陀磨須(アダマス)”に姿を変えます。

秘技”真・神の右”黄昏流星群時を超える拳を次々に繰り出すゼウス。

その全てを神虚視で返すアダム

返されても返されてもゼウスは、撃ち続けました。

そして、ついにアダムは神虚視の使い過ぎでオーバーヒートしてしまうのです。

終末のワルキューレ第12話より引用

神虚視の使い過ぎで目が見えなくなったアダムに猛攻を仕掛けるゼウス。

一方、子供の泣き声を耳にして、一筋の勝利を求めたアダムも最後の力を振り絞り反撃。

両者一歩も引かない攻防は、ついに決着の時を迎えます。

ついにゼウスが腰から崩れ落ちたのです。

人類は、アダムの勝利を確信しました。

しかし、アダムはその時既に息絶えていたのです。

終末のワルキューレ第12話より引用

敗れはしましたが、アダムは人類が神に勝てるかもしれないと言う希望を与えました。

ゼウスVSアダム結果

  • 試合時間:7分13秒
  • 決まり手:拳骨
  • 勝者:ゼウス

まとめ

  • アダムは、本作の主要キャラクターで、全人類の父
  • アダムの武器はメリケンサック、能力は神の技を真似する神虚視(かみうつし)
  • アダムはイヴを守るために地上へと去った過去がある
  • ゼウスとの闘いで神虚視を使って追い詰めるも立ったまま絶命

終末のワルキューレは、現在11巻まで発売されています。

9月18日には12巻も発売されます。

興味のある方は、下記リンクから。

終末のワルキューレ

電子書籍で半額で購入する方法も紹介しています。

興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。

また、「呂布奉先飛将伝」も4巻まで発売されています!

[まとめ買い] 終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です