【終末のワルキューレ】呂布奉先の武器や必殺技など能力は?過去についても

呂布奉先(りょふほうせん)は、原作・梅村真也、作画・アジチカ、構成・フクイタクミ「終末のワルキューレ」の主要キャラクターです。

人類滅亡を決めた神々と、それを覆そうとする戦乙女によって選出された人類の英傑達によるタイマンに出場する三国志最強の武将。

トール同様に圧倒的実力を持つが故に退屈していましたが、トールとの試合で全力でぶつかれる喜びを得ます。

この記事では、呂布奉先のプロフィールと武器、過去や活躍について解説しています。

終末のワルキューレファンの方必見!

【終末のワルキューレ】呂布奉先(りょふほうせん)の武器や必殺技など能力は?

呂布奉先(りょふほうせん)は、本作の主要キャラクターで、三国志最強の武将。

呂布奉先のプロフィール

  • 性別:男性
  • 出身:五原群九原県(真偽不明)
  • 異名:中華最強の英雄
  • 武器:方天戟
  • 好敵手:トール

呂布奉先の武器・方天戟(ほうてんげき)とは?

呂布の武器は方天戟です。

これ一つ振るう事で名だたる猛者達を討ち取って来ました。

戦乙女(ワルキューレ)の四女・ランドグリーズ神器錬成(ヴェルンド)を行った方天戟

神器錬成された武器には、戦乙女十三姉妹それぞれの持つ特性が宿ります。

神名・ランドグリーズの名が意味するのは、“盾を壊す者”

終末のワルキューレ第3話より引用

トール神の持つ、ありとあらゆる攻撃を受け止められる最強の盾神器鉄の手袋(ヤールングレイプル)を破壊しました。

まさにその名の通りの破壊力を見せつけたのです。

 

強靭な肉体と身体能力

方天戟を振るうためには、強靭な肉体と身体能力が必要です。。

呂布は、方天戟を自在に扱うことを可能にする優れた肉体と身体能力を持ち合わせていたことで三国志最強になれました。

トールとの試合では、無防備な状態の空中で攻撃を受け止めました。

重さが乗った一撃を受け止める事ができるのも肉体や身体能力が高い証拠です。

終末のワルキューレ第2話より引用

また、一度投げたら必ず命中するミョルニルの投擲をも回避し、さらに戻って来たミョルニルをもかわしてみせたのです。

天喰を会得できたのも、生まれながらの肉体があったからといえるでしょう。

必殺技・天喰(そらぐい)

呂布の必殺技は天喰(そらぐい)。

呂布は最強の称号を手に入れてからも、己を鍛えるためにトレーニングを怠りませんでした。

全ては己と同等かそれ以上の強者が現れた時のために。

何度も何度も方天戟を振り、雨が降る中でもトレーニングを重ねたのです。

そんなある日、呂布の一振りが空を覆っていた大気を両断。

しかし、この技は余りにも強力なことから生前は誰にも使うことはありませんでした。

トールと言う好敵手との出会いで、この技を使う決意をしたのです。

終末のワルキューレ第6話より引用

呂布奉先の過去について

子供の頃から規格外の強さを持ち、やがて退屈が原因で命を落とすことになる呂布奉先

どのような過去があったのか解説します。

若い頃から規格外

呂布は五原群九原県で生まれましたが、子供の頃からナイフだけで狼を仕留めていました。

子供の頃から規格外だった呂布は最強を目指す旅を始めます。

そして広い大陸を旅しながら、熊相手に素手で撃退する等立ち塞がる敵を撃破。

終末のワルキューレ第3話より引用

中国では戦乱の時代が起こり、呂布も戦に参加して方天戟を振るい、多くの名だたる武将達を始末していきました。

やがて呂布奉先の名は、中華全土に轟き、陳宮など呂布を慕う者達が増え、呂布自身も気づくのです。

「もはやこの天下で我に敵する者無し!!」と。

呂布はなぜ死んだのか?

正史三国志によると、呂布曹操と激闘の末敗北。

呂布は処刑を免れるため、自分に騎兵を与えれば、曹操様に天下を与えると命乞いをしたと記されています。

しかし、真実は否。

己がこの「天下」において最強になったが故の退屈。

その事に絶望して死を選んだのです。

終末のワルキューレ第3話より引用

呂布奉先の名言集

三国志最強の武将である呂布の名言集と名場面を纏めました。

「お前、なかなかいいぞ」

終末のワルキューレ第2話より引用

トール闘神の雷槌(トールハンマー)を受け止めて弾くと共に、一撃を浴びせた際に言った一言です。

これまで名だたる猛者たちを一撃で倒してきた呂布

トールは、全くレベルの違う相手でした。

好敵手に出会えた喜びに溢れた最大級の褒め言葉と言えるでしょう。

「やっと逢えたぞ、全身全霊(ありったけ)で闘える相手と‼」

終末のワルキューレ第3話より引用

トールとのぶつかり合いで、呂布が言い放った言葉です。

思いっきり戦っても倒れない相手をようやく見つけ、心が滾ったのでしょう。

「赤兎よ…貴様の命今一度。我にくれるか?」

終末のワルキューレ第6話より引用

呂布の魂の一部である赤兎馬に呂布がかけた言葉。

一度は共に戦場を駆け巡った相棒に対し、命を託してくれと言った呂布

その言葉を聞いた赤兎馬は勿論だと言わんばかりにトール目掛けて走り出しました。

呂布と赤兎馬の固い絆が伺えます。

「コレか…コレこそが…歓喜(よろこび)と言う感情(もの)か」

終末のワルキューレ第6話より引用

天喰を繰り出すもトールに致命傷を与えることができなかったばかりか、逆に武器も両腕も失った呂布

それでも、呂布トールに立ち向かいました。

敗北を覚悟しながらも、全てを出し切った満足感から出た辞世の言葉と言えるででしょう。

トールVS呂布奉先結果

  • 試合時間:16分13秒
  • 決まり手:覚醒雷槌(ゲイロルズトールハンマー)
  • 勝者:トール

まとめ

  • 呂布奉先は、本作の主要キャラクターで、三国志最強の武将
  • 呂布奉先は、圧倒的実力を持ち、子供の頃から規格外
  • 呂布奉先の武器は方画戟と生まれながらに持つ強靭な肉体と身体能力
  • 呂布奉先の必殺技は「天喰」
  • トールとの戦いでは彼を好敵手と認めて全力で戦って負けたが、悔いは無かった

終末のワルキューレは、現在11巻まで発売されています。

9月18日には12巻も発売されます。

興味のある方は、下記リンクから。

終末のワルキューレ

電子書籍で半額で購入する方法も紹介しています。

興味のある方は、下記のリンクからどうぞ。

また、「呂布奉先飛将伝」も4巻まで発売されています!

[まとめ買い] 終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です