【呪術廻戦】死滅回遊(しめつかいゆう)とは?泳者(プレイヤー)についても

人気漫画「呪術廻戦」143話は、驚きの新展開でした。

虎杖の出自の秘密、乙骨の真意が判明するなど情報過多で整理がつきません。

そして偽夏油(羂索)がしかけたゲームが始まっていました。

この記事では、死滅回游(しめつかいゆう)と泳者(プレイヤー)について考察しています。

なお、この記事は詳細判明ごとにアップデートしています。

呪術廻戦ファンの方必見

MAPPA製作のアニメ版「呪術廻戦」はド迫力!

無料でアニメ呪術廻戦を見たい方は
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓

無料でアニメ「呪術廻戦」を見る

アニメ呪術廻戦を無料で見る方法!Netflix(ネトフリ)で見れるの?

【呪術廻戦】死滅回游(しめつかいゆう)とは?

呪術廻戦143話、久しぶりに伏黒恵が登場しました。

そして、虎杖に助けを求めます。

加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者達の殺し合い”死滅回游”津美紀が巻き込まれていたのです。

死滅回游(しめつかいゆう)の意味

死滅回游とは何か、ネットなどで調べたところ

海流(主に暖流)に乗って本来生息できない地域へと回遊してしまった海洋生物が、季節が変わり水温が変化すると対応できずに死滅してしまう事を言います。

これを置き換えると、

呪力を持たない非術師が、強制的に呪力を持たされて闘い、闘いに負けたもの(適応できなかったもの)が死んでしまうということでしょう。

偽夏油は、次のようなマーキング済みの2種類の非術師に遠隔で「無為天変」を施したと言ってました。

  • 虎杖悠仁のように呪物を取り込ませた者
  • 吉野順平の様に術式を所持しているが脳の構造が非術師の者

呪術廻戦第136話より引用

つまり、死滅回游とは加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者達の殺し合い。

加茂憲倫が厳選した子や呪物達1000人が、強制的に呪力を持たされ呪い合うゲームです。

そして、最期に強者だけが生き残る。

第145話追加情報

追記)第145話で下記のことが明らかになりました。

  • 加茂憲倫偽夏油の正体は、羂索(けんじゃく)である
  • 死滅回游は、泳者(プレーヤー)の呪力と結界と結界で結んだ境界を使ってこの国の人間を彼岸へ渡す儀式(日本にいる人間全員に呪いをかけてどうかの前準備をすること)であり、天元と人類同化前の慣らである。

第146話追加情報

追記)第146話で下記のことが明らかになりました。

  • 死滅回游の期間は約2ヶ月
  • 伏黒津美紀は回游に参加するまでの猶予は10日と15時間
  • 結界(コロニー)は全国に10存在する(北海道は、既に巨大な霊場として慣らしが済んでいるため含まれない)

呪術廻戦第146話より引用

 

死滅回游の総則(ルール)

まず死滅回游のルールを確認しておきましょう。

死滅回游の総則(ルール)
  1. 泳者(プレイヤー)は術式覚醒後、十九日以内に任意の結界にて死滅回游への参加を宣誓しなければならない。
  2. 前項に違反した泳者からは術式を剥奪する。
  3. 非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。
  4. 泳者他泳者の生命を絶つことで点(ポイント)を得る。
  5. 点とは管理者(ゲームマスター)によって泳者の生命に懸けられた価値を指し、原則術師5点、非術師1点とする。
  6. 泳者は自身に懸けられた点を除いた100ポイントを消費することで管理者と交渉し、死滅回游に総則(ルール)を1つ追加できる
  7. 管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。
  8. 参加または点取得後、十九日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者からは術式を剥奪する。

追記)第145話で下記のことが明らかになりました。

  • 死滅回游を成立させるために羂索自身も縛りを負っており、死滅回游の管理者は羂索ではない。
  • 永続は、儀式を中断させないための保険で、泳者が全員死ぬか、泳者が全員参加を拒否して死ぬまで死滅回游は終わらないことを意味する

追記)第146話で下記のことが明らかになりました。

<ルール2の術式の「剥奪」について>

  • 後追いで参加する術師にも適用されるルールなので、無移転変で行われない
  • 使用禁止”ではなく”剥奪”だから、”縛り”でもない
  • 脳に無理やり作用する
  • 剥奪されると、おそらく死ぬ
  • 真希のような術式を持たない術師はノーリスク

<ルール3の補足>

始めから結界の中にいる一般人は、少なくとも1度は外に出る機会を与えられる

理由
  • プレーヤーに始め「結界から出る」という明確な目的を与えて回游を活性化させる狙いがあるため
  • プレーヤーを結界に閉じ込めるために、自ら望んで結界に入ったという前提が重要なため

<ルール4.5の補足>

各プレーヤーに1体ずつ式神・コガネがつく。

コガネは管理者(ゲームマスター)の窓口であり、管理者は死滅回游のプログラムそのもの

呪術廻戦第146話より引用

<ルール6の補足>

ルールの”追加”はあくまで追加であり、既にあるルールを消すことはできないと思われる。

ただし、遠回しに否定することは可能かもしれない。

<ルール7の補足>

  • 判断基準が曖昧(管理者の匙加減次第)だが、天元曰く、ある程度公平な判断がされるはず
  • 呪術的にこれ以上羂索の利益が偏ることはない

泳者(プレイヤー)についても

死滅回游泳者(プレイヤー)は、偽夏油の話からするとこの2種類です。

  • 虎杖悠仁のように呪物を取り込ませた者
  • 吉野順平の様に術式を所持しているが脳の構造が非術師の者

伏黒津美紀

泳者(プレイヤー)の一人は津美紀です。

呪術廻戦第136話より引用

津美紀はどちら該当するのでしょうか?

  • 八十八橋で呪われた際、呪物を取り込んでいる
  • 生まれながらにして術式を所持している

どちらの可能性もありますよね。

週刊少年ジャンプ#28に掲載された「呪術高専だより」に、11月9日時点で、津美紀が死滅回遊に参加するまでの猶予は残り10日と記載されていました。

 

他の泳者(プレイヤー)

他の泳者(プレイヤー)には、知っているキャラクターがいるのでしょうか?

オカルト研究会の先輩沙織ちゃん小沢優子ふみちゃんなどネットで噂されていました。

そんな中、第143話で津美紀の前に泳者(プレイヤー)らしき人物が2人描かれていました。

これは誰なのでしょうか?

呪術廻戦第143話より引用

1つ目は、フォルムからすると脹相にしか見えないんですが。

乙骨にやられた後、結界に侵入して泳者(プレイヤー)になってしまったのでしょうか?

脹相も特級呪物(呪胎九相図)を取り込んでいるわけですから、条件に該当しますよね。

2つ目は、オカルト研究会の井口先輩かなぁ?って思ったんです。

1巻で呪霊に襲われた後意識戻ってなかったので。

ただ、スーツを着ていて、襟首に付いているバッジが弁護士バッジに見えるんですよね。

だとすると頭脳派の新キャラですかね。

ここで敢えて描くくらいなので、死滅回游で中心になってくるキャラなのかもしれません。

来栖華(くるすはな)145話登場

145話で泳者(プレイヤー)の一人が、来栖華(くるすはな)であることが明らかになりました。

天使の術式あらゆる術式を消滅させる術式)の使い手です。

天元曰くこの術式があれば、獄門彊の封印を解くことができる。

現在は、東京の東側の結界(コロニー)にいるという情報。

 

呪術廻戦第145話より引用

高羽史彦(たかばふみひこ)146話登場

146話で泳者(プレイヤー)の一人が、高羽史彦(たかばふみひこ)であることが明らかになりました。

35歳で全く目の出ないお笑い芸人。

呪術廻戦第146話より引用

ケンドーコバヤシがモデルらしき先輩芸人ケンさんからは、一定の評価を得ているが、マネージャーらしき人物からは、売れる奴は、元々おもしろかったけど、埋もれていただけで、そうじゃないお前は、芸人やめろと言われている。

呪術廻戦第146話より引用

そんな高羽の術式について、SNSで話題になったのが、七海健人十劃呪法(とおかくじゅほう)の使い手ではないかという噂。

ケンさんの問いかけに対する高羽のつぶやきが伏線だというのです。

狗巻棘

週刊少年ジャンプ#28に掲載された「呪術高専だより」に、消息不明だった狗巻棘の近況が記載されました。

渋谷事変にて両面宿儺が展開した「伏魔御厨子」に巻き込まれ腕を切断。

虎杖、真希とは現在別行動であると。

週刊少年ジャンプ28号呪術高専だよりより引用

鹿紫雲一(かしもはじめ)/日車寛見(ひぐるまひろみ)158話登場

第158話で死滅回遊のプレイヤーが2名明らかになりました。

  • 鹿紫雲一(かしもはじめ)
  • 日車寛見(ひぐるまひろみ)

呪術廻戦第158話より引用

この2人の泳者って、143話でちょっとだけ登場した2人じゃないですか?

もう一度下記第143話に掲載された描写を見てください。

日車寛見は、下段の泳者ですよね。

この時は、弁護士バッジと思いましたが、ハンマー持ってるところからすると裁判官でしょうか。

そして、鹿紫雲一が上段のプレイヤーじゃないでしょうか?

髪型と杖のフォルムから間違いないと思うのですが。

呪術廻戦第143話より引用

この2人、敢えて143話に登場させているあたり、キープレーヤーになりそうな予感が。

まとめ

  • 死滅回遊とは、海流(主に暖流)に乗って本来生息できない地域へと回遊してしまった海洋生物が、季節が変わり水温が変化すると対応できずに死滅してしまうこと
  • 呪術廻戦での死滅回游とは、呪力を持たない非術師が、強制的に呪力を持たされて闘い、闘いに負けたものが死んでしまうということ
  • 泳者(プレイヤー)の一人は、伏黒津美紀

呪術廻戦公式ファンブックには、各キャラクターのプロフィールや術式、用語などの詳細が収録されています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

呪術廻戦 公式ファンブック (ジャンプコミックスDIGITAL)

2021年の冬には劇場版「呪術廻戦」の公開も決定!

劇場版では、0巻に収録された百鬼夜行が映画化されることも発表されました。

百鬼夜行に興味のある方は、0巻をぜひ読んでみてください。

呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校 (ジャンプコミックスDIGITAL)

公式ファンブック0巻を半額以下で購入する方法もありますので、興味のある方は下記をClick!

呪術廻戦関連記事一覧
  1. 【呪術廻戦】電子書籍全巻を最安値で読む方法!0巻や公式ファンブックも購入可能!
  2. 呪術廻戦を実写化するなら五条役は誰になる?主要キャラ登場人物のキャストと可能性を予想
  3. 【呪術廻戦】最新話のネタバレ感想・考察!伏線回収や謎についても

  4. 【呪術廻戦】東京校キャラまとめ!教師・所属術師についても

  5. 【呪術廻戦】京都校キャラまとめ!楽巌寺学長など教師陣についても

  6. 【呪術開戦】呪術高専京都姉妹校交流会とは?呪術甲子園や結果ネタバレについても
  7. 【呪術廻戦】夜蛾正道学長のモデルは誰?コブラツイストをなぜ五条悟にかけたのか?

  8. 【呪術廻戦】夜蛾正道学長が内通者?黒幕の正体・理由からネタバレ考察

  9. 【呪術廻戦】究極メカ丸が内通者?天与呪縛の持ち主だから裏切ったの?(ネタバレ注意)
  10. 【呪術廻戦】虎杖悠仁の逕庭拳とは?黒閃との違いについても
  11. 【呪術廻戦】狗巻棘のおかかとしゃけの意味は?他のおにぎりの具についても考察

  12. 【呪術廻戦】東堂葵のモデルは誰?衣装・ビジュアルや技などから考察

  13. 【呪術廻戦】花御(はなみ)のモデルはエレキング?逆再生の言葉の意味についても

  14. 【呪術廻戦】東堂葵の存在しない記憶とは?高田ちゃんと虎杖の女の好みから考察

  15. 【呪術廻戦】西宮桃のモデルは先輩魔女?術式とプロフィールも

  16. 【呪術廻戦】究極メカ丸のモデルは?天与呪縛や術式についても

  17. 【呪術廻戦】ラルゥとは?九十九 由基(つくも ゆき)の仲間が誰か考察

  18. 【呪術廻戦】呪術総監部からの通達の意味は?タイトル「堅白」の意味からも考察

  19. 【呪術廻戦】禪院真希が游雲(ゆううん)使うの胸糞悪いのはなぜ?天与呪縛についても

  20. 【呪術廻戦】東堂葵の術式・不義遊戯(ブギウギ)とは?花御との戦闘シーンで解説
  21. 【呪術廻戦】映画化・劇場版はいつごろ?原作のどこ(何編)なのかを考察
  22. 【呪術廻戦138話】九十九由基は誰と話してた?セリフの意味・会話相手を考察
  23. 【呪術廻戦】伏黒恵・調伏の儀とは?十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)についても

  24. 【呪術廻戦】渋谷事変篇終幕137話をネタバレ考察!新章の内容についても
  25. 【呪術廻戦138話】伏黒甚爾との誓約状とは?五条悟の関連性から考察

  26. 【呪術廻戦】五条悟の虚式・茈(むらさき)とは?領域展開「無量空処」についても

  27. 【呪術廻戦】呪胎九相図(じゅたいくそうず)とは?1番(脹相)2番(壊相)3番(血塗)についても

  28. 【呪術廻戦】壊相(えそう)と釘崎野薔薇は相性最悪?術式の特性から考察・解説

  29. 【呪術廻戦】新田新の反転術式とは?あっちの子(釘崎)は助かったの?

  30. 【呪術廻戦】宿儺の地雷はなぜ伏黒恵?偽夏油の目的(呪力の最適化)からも考察
  31. 【呪術廻戦】オカッパ坊主の正体・性別は?裏梅(うらうめ)と宿儺の関係についても
  32. 【呪術廻戦】偽夏油のプラン・呪力の最適化とは?呪力からの脱却との違いについても
  33. 【呪術廻戦】釘崎がシミにした五条悟のシャツの模様マリメッコとは?

  34. 【呪術廻戦】伏黒恵の姉・津美紀とは?呪いをかけたのは偽夏油なのか考察
  35. 【呪術廻戦】脹相(ちょうそう)の術式・赤血操術とは?赫鱗躍動・載についても

  36. 【呪術廻戦】禪院直毘人の術式・投射呪法とは?秘伝・落花の情についても

  37. 【呪術廻戦】陀艮(だごん)の術式や領域展開は?モデルについても

  38. 【呪術廻戦】冥冥(めいめい)の術式は?弟の憂憂(ういうい)についても

  39. 【呪術廻戦】夏油傑の極ノ番「うずまき」とは?術式・呪霊操術についても

  40. 【呪術廻戦】漏瑚(じょうご)の極ノ番「隕」とは?領域展延と領域展開についても

  41. 【呪術廻戦】七海の十劃呪法(とおかくじゅほうとは)?瓦落瓦落(がらがら)についても

  42. 【呪術廻戦】血塗(けちず)の術式・蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)とは?

  43. 【呪術廻戦】壊相(えそう)の術式・蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)とは?
  44. 【呪術廻戦】特級被呪者(乙骨憂太)と特級禍呪怨霊(折本里香)とは?術式についても

  45. 【呪術廻戦】天元様とは?星漿体(せいしょうたい)天内理子についても

  46. 【呪術廻戦】死滅回遊(しめつかいゆう)とは?泳者(プレイヤー)についても
  47. 【呪術廻戦】釘崎野薔薇の術式・芻霊呪法(すうれいじゅほう)とは?
  48. 【呪術廻戦】虎杖悠仁の体術・卍蹴りとは?逕庭拳(けいていけん)と黒閃についても
  49. 【呪術廻戦143話】乙骨が大切にしている人達・真希や釘崎がどうなったか考察
  50. 【呪術廻戦】両面宿儺の伏魔御廚子(ふくまみづし)とは?領域展開・術式についても

  51. 【呪術廻戦】来栖華(くるすはな)とは味方なのか?正体や術式・領域展開についても考察

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です