ワールドトリガー影浦雅人のポジションは?感情受信体質やマンティスについても

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

<男性教師適性検査を安く読む方法!>

↑↑↑↑↑CLICK↑↑↑↑↑

影浦雅人は、葦原大介原作の人気漫画「ワールドトリガー」の登場人物。

ボーダー本部所属B級2位の影浦隊の隊長です。

攻撃力はボーダーの中でも化け物クラス(グラフの枠を超えているメンバーの一人)で、二宮と並んでNo.3の実力の持ち主。

この記事では、影浦雅人のプロフィールとポジション、サイドエフェクトついて解説します。

ワールドトリガーのファン必見!

目次

【ワールドトリガー】影浦雅人とは?

野獣系攻撃手。

攻撃力はボーダートップ3に入る強さを持ち、アタッカーとしての能力も群を抜いている。

乱戦の最中でも変則型ブレードと野生嗅覚で敵を仕留めたりそのセンスは本物だ。

自分に向けられた意識や感情を肌で感じるサイドエフェクトを持っており、影浦の野獣のような攻撃性に拍車をかけている。

口が悪くやや悪目立ちしているが、実は面倒見が良く影浦なりの思いやりが滲み出る場面も忘れてはならない。

同じB級の村上鋼「デリカシーは足りてないが、根は単純で裏表のないやつだ」と話している。

また影浦雅人は意外にも友人が多く、村上鋼空閑遊真については良きライバルでもある。

影浦雅人のプロフィール

  • 年齢:18歳
  • 誕生日:6月4日生まれ
  • 星座:うさぎ座
  • 身長:177cm
  • 血液型:B型
  • 職業:高校生
  • 好きなもの:寿司、焼き鳥、漫画、作戦室でダラダラ

サイドエフェクト(感情受信体質)

影浦雅人のもつサイドエフェクト(感情受信体質)は、自分に向けられている他人の意識や感情がチクチク刺さる感覚があり、恐れ、憎しみ、軽蔑、信頼、感謝、尊敬、期待、心配などそれぞれ差さり方に違いがあるらしい。

特に負の感情ほど不快に感じる。

敵意も察知するため、狙撃や不意打ちも影浦雅人には通用しない。

ワールドトリガー第170話より引用

例外もあるようで、メカか昆虫のほかに感情を消して攻撃できるのが東のおっさん空閑と話している。

空閑については「だから斬り合いにスリルがあっておもしれぇ、そこがいいんだ」とこの状況を嬉しそうに話す場面もある。

暴力事件

元々A級隊だったが、ボーダー上層部の根付栄蔵(ねつきえいぞう)にアッパーを食らわせるという事件を起こす。

隊務規定違反によるペナルティでB級に降格させられた。

個人ポイントも1万越えのアタッカーだったが、8000ポイントの減点を食らっている。

さらにしつこく陰口を叩いたC級隊員にも一撃お見舞いしたことで追加の減点で2000ポイント、合計1万ポイントを消失している。

ワールドトリガー第170話より引用

影浦雅人のポジションやトリガーセットについて

ボーダーの隊員は、それぞれの適正にあったポジションがあり、8つのトリガーホルダーにトリガーをセットしています。

影浦雅人のポジションとトリガーセットについて解説します。

影浦雅人のトリガーセットは?

メインにスコーピオンシールドを装備。

サブにスコーピオンシールドバッグワームをつけている。

メインに2つのトリガーしか装備してないあたり、やや心持たない気も。

影浦はメインとサブの二本のスコーピオンを合わせた、マンティスを得意としているため、スコーピオンの二刀流装備は外せない。

ワールドトリガー第170話より引用

影浦雅人のポジションは?

ポジションは攻撃手。

よく使うトリガーは、型にはまらない変速型ブレードのスコーピオン

このスコーピオンを駆使して、近・中距離では他の追随を許さない。

また技術においても非常に高い資質を持ち、スコーピオンを瞬時に伸縮させるなど高度な技術で、マンティスを生み出している。

その圧倒的リーチで間合いに入った獲物は絶対逃さない。その噛み付くような戦闘スタイルは、影浦隊のチームエンブレムにもなっている。

影浦隊とは?

ボーダー本部所属B級2位の影浦隊の隊長を務める。

攻撃手影浦、銃手北添、狙撃手絵馬の3名による編成。

バランスを重視しながらも影浦を軸に火の出るような超攻撃的な戦術を得意としている。

また影浦の暴力事件によって降格したが、さすが元A級6位。

B級ランク戦では2位とその実力を見せつけている。

ワールドトリガー第111話より引用

影浦隊のメンバーとポジション

  • 影浦雅人(18):アタッカー
  • 絵馬ユズル(14):スナイパー
  • 北添尋(18):ガンナー
  • 二礼光(17): オペレーター

影浦隊のフォーメーション

野生閑が冴え渡る影浦を筆頭に超攻撃的な戦いを展開する。

北添「適当炸裂弾(テキトーメテオラ)」を合図に、影浦が爆煙の中キルを量産し、絵馬がそれをサポートする。

また守備は不要、狙われたものが囮になる!など他ではない斬新な作戦かつぶっ飛んだ戦術は影浦隊ならではの見所だ。

一見影浦の自由奔放な攻撃に付き合わされているようにも見えるが、チーム全体が勝つために、そして何より絵馬や仲間のために、戦っている言動が描かれており、影浦隊の本当の魅力がじわじわ滲み出ている。

まとめ

  • 影浦雅人は、ボーダートップクラス(No.3)のアタッカー!
  • 影浦雅人は、感情受信体質によって不意打ちや狙撃が通用しない!
  • 影浦雅人は、鞭のように伸びる斬撃‘マンティス’の使い手!
  • 影浦雅人は、素行や口が良くないが、表裏がなく、根は素直で単純
  • 影浦雅人は、良き好敵手は村上鋼と空閑遊真

ワールドトリガーは、現在23巻まで発売されています。

原作漫画を読んでみたい方はこちらから。

ワールドトリガー

登場人物の情報が詳細に記載されたオフィシャルデータブックも発売中。

ワールドトリガーファンの方には、必見の内容になっています。

ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックスDIGITAL)

また、 原作漫画やオフィシャルデータブックは電子書籍も発売されています。

電子書籍で安く購入したい方はこちらの記事を参考にしてください。

 ワールドトリガーの電子書籍を安く買う方法

ワールドトリガー関連記事
  1. 【ワールドトリガー】原作漫画やオフィシャルデータブックの電子書籍を安く買う方法!
  2. アニメ「ワールドトリガー」を無料で見る方法!Netflix(ネトフリ)で見れるの?
  3. 【ワールドトリガー】ボーダーの組織図や指揮系統は?上層部についても
  4. 【ワールドトリガー】三雲修とは?ポジションやトリガーセットについても
  5. 【ワールドトリガー】空閑遊真とは?ブラックトリガーやサイドエフェクトについても
  6. 【ワールドトリガー】雨取千佳とは?ポジションやアイビスなどトリガーセットについても
  7. 【ワールドトリガー】迅悠一(じんゆういち)とは?風刃やサイドエフェクトについても
  8. 【ワールドトリガー】宇佐美栞(うさみしおり)とは?やしゃまるシリーズについても
  9. 【ワールドトリガー】木崎レイジとは?ポジションや筋肉の秘密についても
  10. 【ワールドトリガー】三輪秀次とは?ポジションやネイバーを憎む理由についても
  11. 【ワールドトリガー】小南桐絵は騙されやすい?ポジションや双月についても
  12. 【ワールドトリガー】烏丸京介の家は貧乏?ポジションやガイストについても
  13. 【ワールドトリガー】米屋陽介は宇佐美栞の従兄弟?ポジションや口癖についても
  14. 【ワールドトリガー】奈良坂透とは?ポジションや小夜子との関係についても
  15. 【ワールドトリガー】古寺章平とは?ポジションや憧れの先輩宇佐美栞についても
  16. 【ワールドトリガー】太刀川慶とは?ポジションや「旋空孤月」二刀流についても
  17. 【ワールドトリガー】出水公平とは?合成弾トマホークとギムレットについても
  18. 【ワールドトリガー】唯我尊(ゆいがたける)とは?なぜA級なのかについても
  19. 【ワールドトリガー】国近柚宇(くにちかゆう)は巨乳ゲーマー?ポジションについても
  20. 【ワールドトリガー】レプリカの正体は?能力(5大性能機能)や消息についても
  21. 【ワールドトリガー】月見蓮のポジションや能力は?妹や幼馴染についても
  22. 【ワールドトリガー】ハイレインの卵の冠とは?アフトクラトルの目的についても
  23. 【ワールドトリガー】影浦雅人のポジションは?感情受信体質やマンティスについても
  24. 【ワールドトリガー】絵馬ユズルのポジションは?鳩原先輩や千佳との関係についても
  25. ワールドトリガー北添尋のポジションは?テキトオメテオラについても
  26. ワールドトリガーのミラと窓の影(スピラスキア)の能力は?政略結婚についても
  27. ワールドトリガーのヴィザ翁とは?星の杖(オルガノン)の能力についても
  28. ワールドトリガのランバネインとは?角トリガー雷の羽(ケリードーン)についても
  29. ワールドトリガーのエネドラとは?黒トリガー泥の王(ボルボロス)についても

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漫画とワインが大好物。お気に入りの作品について書き綴っています。

コメント

コメントする

目次